2015年6月10日水曜日

【 2015.07.11. AKIRA LIVE@高槻市 / 大阪 】




☆お子さま、赤ちゃん大歓迎のライブです☆ 

珍獣とよばれるおじさんに会ってみませんか? 


◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇ 

●テーマ「アートなどの表現をすること、命の繋がり、旅をすること」 

●7月11日(土) 開場13:30 / 開演14:00 ― 終演17:00 

●会場:阪急京都線 高槻市駅前 ファイブプラザ4階 高槻南スクエア 

●大阪府高槻市城北町2丁目4-1(阪急京都線高槻市駅の目の前。JR高槻駅からは徒歩10分) 

●大人:前売り3,000円 / 当日3,500円   学生:前売り2,000円 / 当日2,500円   高校生以下無料。  

●主催:たなかしの http://tanakashino.blogspot.jp/

AKIRAさんのブログ≫http://ameblo.jp/akiramania/
内容量の多い濃いブログを更新している。 

AKIRAさんのホムペ≫http://www.akiramania.com/ 
美術作品、音楽作品、いろんな作品と内容量の多いプロフィールが載っている。
あそこに火をつけちゃって焼珍自殺をはかったり、 
6m×6mの巨大のう〇ちの作品など、変な作品とか載ってる。 

◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇ 

珍獣のおじさんのキーワード↓ 

ポップアートの巨匠アンディウォーホルさんから奨学金を受けNYアカデミーオブアートに入学。 

バスキアさんやキースヘリングさんたちとともに時代を過ごしたアーティストです。 

全米デッサンコンクールで優勝するくらいのデッサンの腕前。 

アテネ、フィレンツェ、マドリッドにて絵画の研究・制作に打ち込んだ。 

世界150ヵ国以上を旅している旅人。 

画家、小説家、詩人、脚本家、絵本作家、彫刻家、書道家、写真家、 
そして楽曲を制作しミュージシャンとして年間150本以上のライブをこなす、 
あらゆるジャンルで超多彩な作品群を持つ 
「日本が生み、世界が育てた21世紀のダヴィンチ」と呼ばれるマルチアーティスト。 

死者に会えるという神の肉テオナナカトル(マジックマッシュルーム)を求めてメキシコへ行き、 
致死量のキノコを口にしてしまう。 

お金がなさ過ぎて電話帳にマヨネーズをかけて食した。 

栃木県日光市生まれ。 

アメリカをヒッチハイクで一周した自伝処女小説『cotton100%』がNHKの日本の百冊に選ばれちゃった。 

30年程前、自らの体で人体実験、アメリカであらゆるドラッグを試し、溺れる。ホームレスになる。 

20年程前「ス○トロアート」「血液書道」「クリネックス天使の歌」「射○会」「オナラのビンづめ」「ヒロシマSHADOWS」など次々とスキャンダラスな作品で日本を揺るがした異端児。(過激なため一部の文字は隠しています) 

現在までに20回生死を彷徨う。でも生きてるゾンビ。 

アマゾンのジャングルで一人断食。 

LAでマヤ人とエッチな歌を熱唱。 

う○ちで6m×6mの作品とか作っちゃった。 

世界中のシャーマンと出会ってきた。 

ガンで余命宣告されたがみごと復活。 

胎内記憶。前世の記憶。子どもは親を選んで生まれてくる。 

世の中を救う前に自分を救おう。 

徹底的に自分の好きなことをするんだ。 

自分の経験に投資するんだ。 

自分と全く違う価値観の人に会い続けよう。 

他人の人生を生きるのはやめよう。 

究極の君の人生を生きるんだ。 

すべてのものに神が宿っている。 

わたしはあなた。あなたはわたし。 

重い病気や障害をもった人は「かわいそうな人」ではなく、逆に「魂の勇者」なんだよ。 

1年の半分は日本。もう半分は旅。 

「人は生まれてくるときそれぞれのテーマを決めるんだ。幸せになるために生まれてきたんじゃない。学ぶために生まれてきたんだ。旅からすべてを学んだ。学校は世界、教室はストリート、教師は老人、子供、乞食、娼婦、泥棒、どうしようもなく愚かな者たち。すべてはオレだけのために、たったひとりのために演じられたライフレッスンだった。ちがう価値観、ちがう習慣、ちがう宗教、ちがう言葉、ちがう肌の色、あらゆる違和感が牙をむいて襲いかかり、常識や道徳を引き裂いた。オレは負けつづけた。負けるために旅をつづける。同じ心、同じ悲しみ、同じ喜び、同じ笑顔、同じ血の色、オレたちは同じ愛から生まれた光そのものだったんだ」 

今もなお 伝説を生み出し続けてしまっている男。 
それがAKIRAさんです。 


「せっかく同じ時代に生まれたんだからオレが生きてるうちに
“生AKIRA”に会っておいた方がいいぞ。
これだけの珍獣は数百年にひとりしか生まれないからな。
急にまた画家や作家に転身する可能性もあるし」 

現在ライブなど音楽活動をしていますがそろそろ執筆活動や創作活動に戻るみたいなので、
ぜひこの機会にライブで直接AKIRAさんにお会いしてみてくださいね。\(^o^)/ 

そしてそして!






小樽が生んだ天才、おがわとーるさんの出演決定!!
パチパチパチ~!!


北海道で大活躍のラジオパーソナリティーでもあり、
AKIRAさんの初期楽曲のアレンジャーでもあるミュージシャンのおがわとーる氏。
とにもかくにも、トークがオモロイ。

一人でしゃべってもオモロイが、AKIRAさんとの掛け合いになると、

絶妙なトークが繰り広げられる。

7月のライブでは、日光のAKIRA邸にて行われたレコーディングの伝説も聞けるかも。
しかもなんと、偶然にも16年ほど前、とーるさんは大阪高槻市に3ヵ月住んでいたという。

とーるさんとのコラボライブなので、
他のライブではなかなか演奏しない曲も盛り沢山な特殊なライブになりそうです。うふふ。

●おがわとーる●

 夕張郡栗山町出身、小樽在住。ガットギター弾き語りのスタイルを中心に、
様々な地域で活動中。ロック、ポップス、ボサノバ、演歌など、
様々な音楽を取り込んだ独自のスタイルを持ち、ライヴでの即興には定評がある。 
 CDでは、歌・ギター・ベース・キーボード・鍵盤ハーモニカ・パーカッション・ドラムなど全ての楽器を自ら演奏・多重録音しており、その器用さには目を見張るものがある。

 2001年から1年半、CanadaのVancouverに語学留学し、帰国後には英会話講師も経験しており、AKIRAさんの英語の師匠でもある。それ以前には、東京でのサラリーマンも経験しており、
理想に溺れることも、現実に囚われることもない、絶妙のバランスを持った歌詞が、
幅広い世代からの共感を得ている。

 毎週月~木曜日17:00~19:00、FMおたるにてレギュラー番組「Cheers!」、
及び金曜日19:00~20:00「小樽からこんばんは!」を担当。
.
おがわとーるさんのwebはこちら↓
.
おがわとーるさんのblogはこちら↓
.
今日の小樽稲荷神社で行われた夜桜ライブ。
とーるさんの出演部分を撮影。(iPadで撮影し、編集なしでそのままです)
.
1鍵盤ハーモニカを使ってこんな演奏ができるよ
2「自己都合退社」
3「日本で最も踊られているダンス」をおがわとーるがアレンジしたら
4「学校で一番ポピュラーな楽器」をおがわとーるが使ったら
5「空が見えますか」

3番目の曲のあとの、「トライアングルの使い方」もお見逃しなく!!
.
.
●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●



0 件のコメント:

コメントを投稿