2015年6月10日水曜日

【 AKIRA氏との出会い 】



【 AKIRA氏との出会い 】
私がAKIRA氏と出会ったのは2014年7月、札幌のフェアトレードレストランみんたるでのLIVEである。
みんたるで用事があり、行ったことのないみんたるのホームページを初めて検索した。
そこで出てきたのは、翌日にAKIRAwithJohnny LIVEがあるという情報、“アンディウォーホルから奨学金を得てNYアカデミーオブアートに入学した”と記載されたプロフィールだった。



私自身、中学高校は6年間美術専攻の学校に通い、大学は美大。
学生時代からアンディウォーホル氏に興味を抱き、本を買ったりもしていた。
そのため、AKIRA氏のプロフィールに異常に惹き付けられた私は、“この人に会わなければならない!”と強く感じ、翌日LIVEへと足を運ぶことにした。はっきり言ってその時は、どんな音楽なのかどうでも良かった。会うことだけが目的だった。
当日は大雨。
LIVE前にAKIRA氏と初対面。
プロフィールに惹き付けられLIVEに来たことを告げ、握手を交わした。



【 LIVEで私は何を感じたか 】
上記のように、全く音楽には期待していなかった。(ごめんなさい)
なのに私は涙が溢れて止まらなかった。
“すべてのものに命が宿っている”
“あなたは私、私はあなた”
“ライフシアター、人生は劇場である”
“子どもは母親を決めて産まれてくる”
“大いなる何か、Something great”
“意識とはエネルギー”
私は、私と同じ考えの人が居て、このような表現方法があるんだと驚き、そして嬉しくなったんだ。
一方ではいろんなものを覆されたかのようだった。
私にはLIVEの3ヶ月前に父が亡くなり、地元に戻り母親との時間を過ごそうと札幌に帰ってきた背景がある。
年老いた母親を介護する娘の歌である新曲の“千年桜”、
「きみがこの世にやってきた日、ママは命をふりしぼった、うめき踏んばり叫びながら、きみを産み落とした」“家族”、
人生において無駄なことなど何もなかったんだ。「たったひとつのパズルが欠けても、今の君はいなかった」“PUZZLE”など、
自分の人生に照らし合わせて様々なことに思い巡らせ涙が溢れたんだ。
(当日のAKIRA氏のblog http://ameblo.jp/akiramania/day-20140710.html
前述のように当日は大雨。
キャンセルが多く少人数での親睦会となり、参加したみなさんとの濃厚で濃密な時間を過ごした。
そして私の作品の写真をみなさんに見ていただき、私がどんな人物でどんな考えの持ち主でなぜ地元に戻ってきたかなどを伝えた。
ここから全てが始まった。


【 LIVEの背景画作成 】
2日後のライブ当日の朝、AKIRA氏から「LIVEの背景に使えそうな絵があれば持ってきてほしい」と連絡を受け、個展に向け描いていた絵「太陽の海」を持っていった。
(当日のAKIRA氏のblog http://ameblo.jp/akiramania/day-20140712.html


設置してみると小さく感じたため、もし次の機会があるならば数倍のサイズが必要だと感じてLIVEを観ていた。
すると翌日のライブでも背景を使ってくださるとのことで、徹夜で3倍のサイズにした背景画を作成した。
作ったサイズはピッタリだった。
(当日のAKIRA氏のblog http://ameblo.jp/akiramania/day-20140713.html
そうして私のことをAKIRA氏は面白がり、可愛がってくださるようになった。余談だがAKIRA氏は私のことを妖怪という。


【 LIVEで何を伝えたいか 】
私が主催する3回のLIVEのテーマは、
4月「生と死、魂、家族」(札幌)
7月「アートなどの表現をすること、命の繋がり、旅をすること」(関西)
10月「アートに特化したもの」(札幌)
以上のように考えている。
「アートなどの表現をすること、命の繋がり、旅をすること」
一見バラバラなテーマに感じるけれども、これらはどこか繋がっていると感じている。
どんなLIVEになるかは当日の空気を読み取ってAKIRA氏が創り上げてくれると思う。

【 なぜ3回しか主催しないのか 】
私はAKIRA氏のLIVEを3回主催することに決め、それ以上主催しないと決めた。私はAKIRA LIVEで初めてAKIRA氏を知り、2ヶ月後には主催しようと思ったように、私が主催するLIVEで同じような思いを抱く人が現れるかもしれない。し、いないかもしれない。
そこに期待のようなものは置かないが、私は私が伝えたいと思う人たちに届けたいと思う。
なので何度もする必要はない。すべてはベストなタイミングで進んでいく。必要な人が自然と集まってくるだろう。


【 2015.07.11. AKIRA LIVE@高槻市 / 大阪 】

申込みはこちら→http://kokucheese.com/event/index/278189/

0 件のコメント:

コメントを投稿