2017年6月1日木曜日

我が麗しき密がれ人生。

えー!・:*+.\(( °ω° ))/.:+
一発目の前菜から魚が出ちゃうのー!!?
しかも鱗を香ばしく焼き上げるのに2時間かけてるってどんだけー!!・:*+.\(( °ω° ))/.:+

と、度肝を抜かれた、ミシュラン1つ星獲得、野幌の「リストランテ 薫」さんで頂いた一品目。

現在は、お昼も完全予約制で一日一組限定みたい。
シェフがオモロすぎた♡


虹色の光が差し込んでいるではないの!・:*+.\(( °ω° ))/.:+

マイチャリと、私が細く縫い直したLGBのパンツをはくAKIRAさん。
パンツが見えやすいように、シャツをinしてくれた。( ̄▽ ̄)

だぼだぼなのを細く縫い直したパンツはめっちゃピッタリで、超満足してくれた。
「わー!元々このサイズみたいだ、すげー!履いててラクだし、ヘビロテしそう〜♪*\(^o^)/*」
と喜んでくれた。

良かった良かった。



私は札幌滞在の荷物のサポートもしているので、
私にとって1年のうちでAKIRAさんが札幌滞在の時が一番運動になっている。
物販や衣装や、低速ジューサーなどの荷物を持って2階から車まで、行き来するから。

普段は、物販の発送や、AKIRAブログの調整なども行っている。
そしてメインで写真撮影に、アルバムデザインに、
映像編集や、写真集や、作品集編集などを行う。
そんでもって、服の直し。

いやぁ〜、マジで私ってすごいと思うわ。
私のマルチな能力が過去においてここまで発揮できていることはなかったわ。
楽しい。

AKIRAさん、ありがとう♪ 笑


AKIRA業務をがんばっている私のために、
たくさん食事に連れていってくれる。

私自身、きっと普通にお金だけを頂いていても、自分1人じゃ高級料理店には行かないし、
AKIRAさん以外に高級料理店に一緒に行くような人はいない。
だからありがたい。



私はなんだかんだ言いながらも、とてもAKIRAさんに感謝している。

私の才能を見つけてくれて、チャンスをくれて、
ライバルだとも言ってくれて、アートの会話も出来るし、
心がだだっ広いし、チョー適当だし、ネタにさせてくれるし、
考え方が似ていて、一緒にいてラクで楽しいし、
私にとってAKIRAさんは世界一の親友である。


以前ブログに書いたように、私が好きなものを創りまくっていれば、
AKIRAさんは好きな時に私に貢いでくれる。

タイトルは、文字バランスの見た目で貢を密にしている。
秘密、親密、密集、内密、ひそか…
ミツの中でも、この密という字に惹かれる。

子宮委員長はるちゃんは、貢を蜜の方で書いてたな。
あのお方は、甘い蜜という意味を取り入れているのだろう。


料金表示の円を、縁と書いたりしてるのとか、
頑張るを顔晴るとか、お早うご財増すとか、
私を和多志とか書いてあんの、マジで嫌いだけど、

密にしている私も同じようなもんだな。

料金表示を縁にしてあったら、参加しないってすぐ思っちゃう私。

これはもう好きずきだね。
私は嫌い。

自分のことは棚に上げまくる。




話を戻すが、
AKIRAさんが貢いでくれるとか、ブログに書いても良いの?って訊いたら、
本人は「オレそういうの全然OK!」と言っていたので、また書いてる。


そんな感じで、今日は、ただひたすらにAKIRAさんが連れていってくれた食事の写真を載せる。

AKIRAさんの札幌グルメ情報はこちら。


リストランテ 薫 さんの続き。
ひと口で食べなきゃ、中に封じ込めたお出汁が出ちゃうの♡という牡蠣。
四角いデザインがカッコいいぜ!
ホワイトアスパラガスに雲丹とか。
マジで美味しい。イタリアのピーチジュースも濃厚でめっちゃ美味しい。
ひと口サイズの極細パスタ。厳選された水と塩だけで味付けされている。
水と塩だけで、こんなに美味しくなるんかいな!って驚いた。
まちがえた、高坂鶏のスープで作られているんやて。
フォークが可愛かった。
あいのポーク。シェフが日本一美味しいと思っているポークらしい。
あいのポークは、高校生が愛情を込めて育てているんやて。
シェフの言葉を書き取るAKIRAさんが写り込んでるわ。
写り込む髭面。近江牛!!カブはじっくりじっくり4時間もかけて焼いている。お肉は2時間。
2時間炙ってもレアなのスゲー。
北海道のお水。初めて見たわ。独学でここまで来たというシェフが凄すぎた。
道外からのお客さんが多いみたい。
ママのお誕生日にママを連れて来たいと思ったよ♡



ここからカレー4種!どどーんと行くよ!
外観の可愛い、スープカレーの「路地裏カリィ侍」。店内も可愛かった。

まさかザンギがこんなに大きいとは!!
ごはんをSSにしてもらったけど、全体的にちょっと多かったわ。
でもめっちゃ美味しかった!!私のはお肉系で、AKIRAさんのはシーフードの。

欧風カレー「KEN」。
お店の前は何度も通り過ぎていたのに、入るのは初めて。
なぬー!むちゃくちゃ美味しい!!知らんかった!!
ここもママを連れて来たいと思った。
私が食べているのは、牛タンカレーで、AKIRAさんはパキスタンカレー。

最後に行ったのがインドカレーの「ジャドプール」。
AKIRAさんはここのビリヤニのファンだ。ビリヤニとはインドのチャーハンみたいなん。
白いごはんの横のだよ。

このお店に向かうときに、ちょっと言い合いになったんよね。笑
言い合いってほどでもないが。( ̄▽ ̄)

うちの近くだし、行ったこともあるし、碁盤の目の札幌なので、
住所を聞けば、「あ、南6西24ね」と、普通にそこまで運転できるのに、
あのじじいときたら、スマホばっか見て、
「なんか方向ちがう!どこ向かってんの!しの!」と騒ぎ出す。

「いや、南6西24に向かってんがな。落ち着け」

「えー!なんか方向ちがうってば!」

「だからちゃんと向かってるってば!」このやり取り、5分以上あった気がする。

スマホばっか見てないで、目の前の現実を見ろよ!と非常に思った次第である。

私のことも信用してくれ。おじじ。



次は、「サヴール」。AKIRAさんがなかなか予約取れなかったところ。
きっと私を連れて来るために、今まで予約取れなかったんだわ( ̄▽ ̄)
前菜に帆立だよ。
もうね、リストランテ薫のインパクトが強くてね。笑
サヴールの方に最初に行ったんだけどね。この量が一般的よね。
味はもうめちゃめちゃ美味しい。
ポタージュも美味しすぎて、最後はパンをこすって綺麗に食べちゃう感じ。
アスパラガスはちょうど、この季節だもんね♪
このお店は北海道の食材を使うことにこだわっているよ♪
アスパラもムール貝もめちゃめちゃ美味しかった!
看板メニューのクルネ。雲丹と蟹がのってるよ♡
美味しすぎて身体をクネクネしちゃうからクルネだってAKIRAさんは言っていたが、真相は知らん。
お魚の!
お肉!



どのお店の料理ももう全部美味しかった♪ (〃ω〃)

夢の日々を過ごしたので、がんばろって思ったよ!


あと、スマホもいいが、私のことも信用してほしいな。おじじ。( ̄▽ ̄)



そんなこんなで、今回は英語アルバム用やカレンダー等などの撮り溜めのために、
たくさん撮影しましたよ。


お墓で撮影したいとも言いだしたので、私のパパや じいちゃんばあちゃんのいるお墓に行き、
私のリアルなパパと、AKIRAパパのご対面。

「しのという素晴らしい才能のある人間を誕生させてくだすってありがとうございます」
とAKIRAさんは言っていたのであろう。

なんつって( ̄▽ ̄)♪








0 件のコメント:

コメントを投稿