ラベル

2016年5月31日火曜日

考え方は違って当然。だって歩んできた人生が違うから。




そうだよな。


師匠は、こんな生き方もあるのか!と変化球を私に見せてくれた人であり、

私が目指す人ではない。







目指さなくても似ていってしまうとは思うが。






師匠は56年生きてきて激しく好き勝手やってきたから、

じじいになった今では人のためにって動いてる。

それは自己犠牲ではなく自分の喜びとなっている。



私は「誰かのために」っていう言葉に引っかかっていた。



人の為にと言うのは「偽り」になる。

って2014年に師匠に出会った時に言われたのが頭に残っていて、

先日の師匠のブログタイトルに「あなたのために」って書いていてむず痒かった。







でもね、

人の為にと言うのは「偽り」になる。

って師匠に言われたのってね、


まだまだ人生これからの私に向けた言葉だったんだって
今になってわかったの。


師匠はめっちゃ気を遣いすぎてしまう人で、
目の前にいる人にどの言葉を伝えればいいかと瞬時に考える。
これ、癖なんだよね。

だから、ライブの後打ち上げがあると、
自分はホスト役だからってみんなと話すように動き回る。

わぁー!ってただどんちゃん騒ぎをする人ではない。

それぞれ目の前に現れた人に対してどの言葉を伝えればいいかと瞬時に考える。
だから誰よりも打ち上げで疲れてしまう。

気を遣いすぎてライブ以上にヘトヘトになることを自分で知っているから
今では基本的に打ち上げ参加無しにしている。

話が逸れてしまった。
これもAKIRA取説に入れよう。


きっと私ももっともっとばばあになったら人のためにって動くようになっていくんだろう。





今の私に圧倒的に足りないのは「経験」




あんなことしてもいいかな
こんなことしてもいいかな
って、

これでも私は考え込むことがある。




そんな考え込んだ去年の夏、

ひとりで書斎にいるとき、

いきなりヨーロッパにいるはずのAKIRA師匠の声が聴こえたの。




「もっと挑戦していけ」って。




その時に感じたことを一気に書いたのが2015年8月のこのブログ。




つまり、話を戻すと、

師匠がじじいになった今感じていることをつぶやいた言葉に対して、

私はこう思うんだああ思うんだって言ったって、

そりゃちがうよな!ってわかったぞ。

自分の思ってることをシェアするのはエエねんけどね。


今さら こういうことか!ってすっきりしたわ。




だから私はガンガン好き勝手やってばばあになるんだ。

今は自分の経験を積むために好き勝手やるとき。




って先日私が書いたブログで、

鵜呑みにせずに、「それってどうなんやろ」っていう視点で見たいと書いたが、

これこそ私は自分の人生で時間をかけて経験を積んでいくしかないんだ。

経験を積んだ先に、師匠が発した言葉の意味が分かるだろう。



このブログを上げたとき、
みかんさんも同じくらいのタイミングで
鵜呑みにしないことってfacebookに書いていたのが
なんだか気になっていた。
みかんさんの文章勝手に天ぷら。

あと、矛盾するようだが、「師匠の言葉を鵜呑みにしない事。」
やった事ない事なら、しのごの言わず、やってみる。
ただ、やってみて、ワクワクするかどうかは、
自分自身の感性と常に正直に繋がっておく事。
だってよ、違う人間なんだから。
そこ、当たり前でしょ。

だから、こうしたら「うまくいく」っていうマニュアルじゃないの。

AKIRAさんは、こう言ってたよ。参考までに。
ちなみに、私は、こうやったよ、参考までに。
ちなみに、あなたが、やってみて、工夫して、
うまくいったこと、分かちあおうぜ!
そんな、ワクワクの分かち合い、できたら、最高だよね〜〜!




まじ、これだよね。

尊敬する人の考え方を吸収するのって
大切だとは思う。
そして、
吸収して自分で動いてみるしかないんだよね。





結局、自分の人生を動かしていくのは自分の行動しかない。




みかんさんいつもありがとう!


まぁ、思ったことを書きました。





話はかわるが、


師匠が見る光景を私は寝ている時に夢を通して見たりする。

なぜわかるかと言うと、
夢で見た光景がブログの写真で出てくるから。



神戸の大きい石に出会うのは去年夢で見ていた。

このブログ↓


私の夢の中では、
先祖代々のお墓のあるところを右にぐるっとまわっていくと
とてつもない大きい石が現れて、
師匠がその石に触れていた。

この話を先日したら、ブログにも書いてあるように
実際になつかしい祖先にでも会ったような気分だったと言っていた。


まぁ、それだけ。



2016年5月30日月曜日

めんどくさいというのを、とりあえず、メンソレータムと言うことにする。






あぁ!まじ、メンソレータムだわ!(●^o^●)

メンソレータムって言うとなおさらメンソレータムなこと引き寄せちゃうよね!


まじそれだし!(●^o^●)


メンソレータムなこと楽しんでやるぜ!



メンソレータムなことほど面白いんやでってある人に言われたしなぁ!



ほな、自分のブログやし、

たなかのがんばったアピールでも残しとくか!

未来の自分のために。


未来の自分が、

このときの私、メンソレッタムぶってるけど、

マジ楽しんでたよね!って思い出せるために、

残しとくか!






さっき夜の9時にチャリに乗って24時間の郵便局でCD発送してきたぜおやじ。
ひきこもりの私に気持ちいい夜風をありがとな!



CD発送のために振込先用紙、印刷多めにしといたぜおやじ。


こんだけありゃ当分は印刷しなくて済むだろおやじ。



発送忘れの東北への物販も発送しといたぞおやじ。


ホテルの手配しようとしたら禁煙しかなかったからこれから探し直すぞおやじ。



あとはなんだおやじ。


あれとこれとそれをやるんだなおやじ。

了解だぞおやじ!


2016年5月29日日曜日

私を愛するしあわせを あなたに教えてあげる。

愛するコンちゃん手作りのマグカップ、
わたしもいただいちゃいまして、
敗北じゃんけんでみごと敗北クイーンになったはちさんとお揃いなのです。

出会った頃よりこれからもっとコンちゃんへの愛は大きくなっていくわ。

コンちゃんは全盲だけど、なんでも挑戦しちゃう。
7月1日~3日は北海道の弟子屈町で100kmウォークに挑戦するんだって。
コンちゃんがやるなら私も!って言い出す人が出てきちゃっている。
そしてチームコンちゃんまで出来ちゃう。
この福の神はいったいなんなんや!


コンちゃんのリコーダーは最高だ。




私を愛するしあわせを あなたに教えてあげる。

なんだかこんなタイトルが浮かんだ。




こんなん言われたらドキッとするかな。


こいつを愛してるの最高だわ!って思われるのって、

楽しい瞬間を共有体験できるかってことかな?

あ、可愛い私でいることも重要だよね。

見た目!



共有体験と言っても、
私はべたべたずっと毎日一緒にいるタイプの人じゃないから、

本当に瞬間だ。


これは恋人愛人関係じゃなく、

たなかしののファンでいてくれる人に対しても言えるね。



たなかしののファンであるしあわせを あなたに教えてあげる。








なんかちがうな。

なんか気持ち悪いな。




どうもすいませんでした。

コンちゃんカップで飲むコーヒーは格別だわ♡






2016年5月28日土曜日

ありえないくらいに大きな月。想いがとどいたライブ。


27日の札幌HIPPEISでのAKIRA LIVEのあと、
コンちゃんケンちゃん桜子ちゃんを愛車ヤングルジンスキーちゃんにのせて
長沼へ向かった。

長沼へ向かっている道中、
ありえないくらいに大きな月が見えて、

後部座席でぎゅうぎゅうの三人に、
すまん、どうしても撮影したいから待っててくれと言って
私は三脚つかって月を撮影した。


先日の小清水町からの帰り道にとてもきれいな満月が見えたのに、
早く師匠を送り届けなきゃと、
撮影を後回しにしてしまった。

札幌に帰ってきたら見えなくなってしまい、
キレイだと思った瞬間に撮影しなかったことを悔やんだ。


だからこの時は、みんなにはぎゅうぎゅうな状態で待たせてしまうけれど
撮影させてもらった。

通常の月の3倍くらいの大きさに感じた。


ね、

むちゃくちゃおっきくない??


大きすぎて怖かったわ。




HIPPEISライブも盛り上がってよかったね。あゆみさん。



長沼のんちゃんカフェの のんちゃんとはじめてじっくり話した。
けっこう好き嫌いがはっきりしているところが私と同じで意気投合した。

のんちゃんがつくってくれたおにぎりがおいしすぎて感動した。

コンちゃんが余市で買ってきたワインをいただきつつ、
みんなで談笑して、
桜子ちゃんは翌日のライブに来てくれるひとりひとりを想って折り紙を折っていた。


桜子ちゃんの想いは実を結び


とても素敵なライブになった。

桜子ちゃんだけでなく、来てくださる人たちを想って、
主催者たちはみんなそれぞれに工夫を凝らしている。

私はそういうところを目撃するのが大好物だ。


私は途中から、ひとり体調を悪くしてしまい、
青ざめた顔で撮影してしまったことを申し訳なく思ってる。

休憩後半の桜子ちゃんの歌はどうしても撮影したいと思って
我ながらがんばって撮影した。

それがこれ。

桜子ちゃんの豊かな表現力に、こころが打たれ、
そして私はもらい泣きした。





そしてコンちゃんケンちゃんの替え歌もよかったね。




ヤングルジンスキーを代わりに運転して
私を送り届けてくれた茶保さんどうもありがとうございました。
茶保さんを迎えに来てくれたりえさんどうもありがとうございました。



みんなどうもありがとう。
師匠の今回の北海道ツアーが終わった。





2016年5月27日金曜日

AKIRAさんを撮影している たなかしの の今の想い。専属カメラマンとは今の私をわかりやすく表した言葉にすぎない。




私には私を導く責任がある。

自分自身に正直に。素直に。


この一瞬が永遠。

この瞬間が永遠。



たなかしのです。

いつも応援ありがとうございます。



まず、AKIRA師匠の来年のライブスケジュールがじわじわと入ってきていますが、

たなかしのがAKIRA LIVEを撮影するのは今年限り。

だから、ライブが減っていくAKIRA師匠のライブ以上に、

たなかしのが撮影するライブ写真の方が貴重になる感じだね。

今日のライブを入れて、
のこり、18本のライブ撮影予定。

け、けっこうあるな。
噛みしめてやっていくよ。


5/27・28 札幌 6/18・19 栃木 6/26 鳥取
7/3 彦根 7/4 神戸 7/5 彦根 7/7 岐阜 8/8 三重
10/16 大阪 10/28・29 岩手 11/11・12・13 徳島
12/10・11 愛知





私がやりたかった、“今”を生きるAKIRAの“今”を残すAKIRA100年プロジェクトの、

高画質でカッコよく残すということ。


「 “今” わたしにその気持ちがあるうちにカタチにしたい 」
と編集者たなかしのが勝手にやってるAKIRA100年プロジェクト

ですが、

AKIRA名言写真集「Will」のあとがきにも書いた言葉。

あと1年。


それは、今年のこと。




(ライブ撮影以外のAKIRAさんからの依頼されたものはカタチにしていきます)




私のプロフィールには自分が何者なのかをわかりやすくするために、

AKIRAさんの専属カメラマンと書いていますが、

AKIRAさんのカメラマンをどんどんいろんな人がやってほしいと思っています。

今まで、高画質でカッコいいと私が思える写真が無かったので、

だったら私がやるぞ!とやってきました。

有難いことに、みなさまからも気に入っていだたけました。

ありがとうございます。

私は基本的に、AKIRAさんしか撮りません。

だから、正しく言うならば、

写真家たなかしの専属モデル AKIRA。
となるのだろうか?

ややこしいからこの言い方やめよう。

私はAKIRAさんの写真を撮っているうちに写真家と呼ばれるようになりました。

しかし、今後も写真家として活動するかはわかりません。

私はただ たなかしの を生きていくのみ。






さぁ、ここからが本音だよ。







ライブでのAKIRAさんの写真を撮り続け、


これ以上の成長はできないと感じたの。



去年は夢中になって撮りまくった。

今ではライブ中の自分のシャッター音が目立たないように、
AKIRAさんのブログに使われるであろうという枚数に抑えて撮っている。


ストロボも使わないから照明のない暗い場所での撮影がとても難しい。

かといって、照明があっても、
明るさがころころ変わるステージの場合、
光に合わせて何度も露出とか合わせなきゃいけないから撮影が超難しい。

動き回れない会場の場合は構図が難しかったりする。

などなど、
少しカメラについて勉強すれば改善されるとしても、
私がいま、自分に求めているのはもう、ここじゃない。



先日、ずばり友人に「しのさん、脱皮の時でしょ」と言われてしまった。

ま、まさに。


2011年末に感じたあの時の気持ち。
仕事を辞めてもっと海外を見に行こうと思った時のざわざわした気持ちに似ている。


AKIRA師匠と行動していたら、

AKIRA作品を手掛けていくのに、そこに風を吹かせることができない。

自分の世界が狭くなってしまう。

そんなことを思っている。

巣立つのは怖い。

でもいつまでもこの状態ではダメだってわかってる。

たくさんたくさん守ってもらってる。師匠に。
すんごい有難いことだ。
いつもありがとう。

巣立たなきゃと感じてるって言ったら
「焦らなくてもいいからね」と師匠は言ってくれたが。








昔 言われた、ある一人からの言葉に怖くなってやんの私。

「AKIRAと関わったアーティストはぜんぶつぶれていってるよ」

この言葉がわたしの心にまとわりついていたけど、




ふと考えなおせば、






そんなこと言う人に
私が消えたと思われようが
なんだっていいよな!(●^o^●)




しのさんなら大丈夫だよって言ってくれる人もいてくれるし、


AKIRA師匠と活躍してた人って、



みんな羽ばたいてるよな!!




AKIRA師匠の一言で人生が一変した雨宮処凛さんだってベストセラー著者になっちゃってるし、

画家の香川大介さんだって、海外でも活躍してて今は自分の美術館つくろうとしてるし、

ピアノパフォーマーのhajimeさんは、もともと海外でも活躍していて、
今でも札幌とベルリンを拠点に活動してて、
2010年にベルリンの在ドイツ日本大使館にて
日独交流150周年記念イベント出演してるみたいだし。 




だから、私も大丈夫なんだよね。



ってか、高校の頃から根拠もなく
校長に「世界のたなかしの」って言われていたんだから
いつまでもこの状態じゃアカンやろ!



ってことで、

私がライブを撮影するのは今年限りなので、

みなさん、ガンガンAKIRA師匠の
カッコいい高画質な写真を撮りまくってね。


撮影のコツとか教えてほしい人とかいるんかな??
しかし、これってセンスだからねぇ。

絵画をやってきた私のセンスでできてるモノやしね。
じゃ、まぁいいか。





きのう、お昼ご飯食べながらPicoさんの動画を見ながら涙出てきてさ、
Picoさんも私のこと応援してくださってて、

私ってめっちゃすごい人から応援してもらえてる!

これって財産だ。

すげーーーーー。・゚・(ノД`)・゚・。うわーーーん

って泣いた。



Picoさん以外にも、たくさんのみなさんに応援していただけてる。

これはほんまに、AKIRA師匠のおかげ。

クソおやじありがとうね。
(`;ω;´)


出ました。クソおやじ。



みなさま、いつも応援ありがとうございます!!
゚.+:。(*´ェ`*)゚.+:。



ほな、



のこりのライブ撮影も、気合入れていきます。





2016年5月23日月曜日

愛しのコンちゃん。もぐもぐ。




23日つなぎ屋でコンちゃんのマッサージ会だったよ。

全盲の旅人コンちゃん。

愛知県からAKIRA LIVE目当てで北海道に遊びに来たよ。





袖から何かをとりだしてモグモグしてるぞ。


「やべー!列車のなかで食べたおにぎりが袖のなかについちゃってる!」もぐもぐ。



どれどれ。




ごはんびっしり!

どうやったら こんなに付くねん!

もぐもぐ。


ラッパーさん初のご来店。

ベンちゃんとラッパーさんのコラボに耳を澄ませ遠い目をしてじっくり聴くコンちゃん。



コンちゃんにマッサージしてもろた。

長時間の運転で、やっぱり右側に負担出ちゃってるって!

コンちゃんありがとう☆

ベンちゃん写真もらうで~☆


2016年5月22日日曜日

5月22日の日記。



ってことで、

夜中に5時間かけて小清水町から帰ってきたわけども、


ガソリンほぼ満タンで出発しても、

札幌までもたなくて、

深夜だから開いてるスタンドも全然なくて、

師匠に24時間のガソリンスタンドを検索してもらい、

千歳東ICを降りてセルフのスタンドで給油してきた。

師匠、56年生きてきてはじめてのガソリン給油を体験しておりました。

写真撮れば良かったなぁ。





約400km。

東京から三重県の亀山くらいの距離だね。


深夜3時過ぎにウチに着いて、

朝、寝たよね~。



まさかの量。




紋別に行く日は、

旭川に寄って、

セカスト2軒寄って古着見て、

ホーマックで脚立を買ってもらって、

紋別行ってカニ食べて、

ライブ撮影して、

師匠をホテルに送ったあとみんなで飲んで、

少し寝て、

翌日、

チューリップ畑行って撮影して、

豚丼と焼きそば餃子セット食べて、

ライブ撮影して、

休憩なしで400km運転して、



うん、なんじゃこりゃ。

たぶん、師匠とあまり会わなくなったら痩せると思う。

でも師匠ありがとう。



ベランダで満月を観ながら
みかんさんからいただいたおいしい日本酒をいただいた。

ほんまに与えつくす人だよ。
みかんさん。

AKIRA歌のれん分けプロジェクトをこんなに素晴らしい人物が率先しているのが
とても嬉しいことだと感じている。




2016年5月21日土曜日

はじめての網走地方@小清水




言い訳する。

広いチューリップ畑だから、
広く撮りたいが、

周りにお客さんいるからがんばってこの横の広がり。


ほれ、

こんな感じ。


聞いたところによると、
翌々日には花を刈り取られちゃうってもんだから、
めっちゃいいタイミングでの撮影だったね。

偶然このタイミングでのライブ。



まぁ、そんな感じで、


うっひゃーい!

小清水町でのライブでした。



コンちゃんかわゆす♡


宿泊なしで、

5時間で札幌帰ってきたわよ!!

22時前出発で
午前3時に師匠を送り届けました。


まじでがんばりすぎた。




2016年5月20日金曜日

大好きな街@紋別





5月20日は紋別ライブだったぜ!いえーい!



紋別ライブ主催者のoluoluオーナー ちひろさんと飲めたぜー!
ちひろさんはサーファーであり、ヨガのインストラクターで、
ひょいひょい海外に旅に出ちゃう人。
話が合うのよね。


去年の秋のライブでは私の個展期間中で
車で日帰りだったから飲めなかったんよね〜。
調子に乗って飲みました♡( ̄▽ ̄)


あ、ライブはこんな感じでした。
うっひゃーい!



めぐみさんとも久々の再会だった。

みんな青いw

コンちゃん ムギュー♡


またまた師匠を乗せているときにヤングルジンスキーちゃんの走行距離が
11111kmになりましたわ!

もちろんパシャリと撮っていただきましたわ♪
良い感じにトンネル写ってるし、すごいアングルだわ。

ありがとう、師匠!


ちなみに、ヤングルジンスキーちゃんは、

ヤンがファーストネームで、グルジンスキーがファミリーネームらしいよ。




前日に、小樽で撮影したんやけど、

「もっとこんなポーズで」
「こんなイメージで」
「汚い目をして」

とか、

なんかカメラマンっぽい言葉を言うようになったなぁ~と自分で思ったのでした。

はい。




2016年5月19日木曜日

たなかしの × AKIRA 初の共同創作品の誕生。


くわしくはこちらの動画を↓



ロシア地方のグルジアのワイン瓶にたなかしのが落書きしていたら
AKIRA氏が乱入落書きして出来上がった作品。


私が描いていたところに変な毛をいっぱい描かれました。


AKIRA師匠がはじめてわたしの顔をかいてくれたんだけどさ、
どんだけ鼻毛出てんだよ!


しのうって何だよ。

映像のなかでは、「しのはしのう」ってあっさり言ってるし。

師匠にコロされてまう~


発言をそのまま書いていました。


師匠を師匠と呼ぶと支障をきたすそうです。


ここのあいてるところにあなたの名前を書いて販売しちゃうよ。
100万円らしいよ。
限定1名様どす。

ご希望の方はtanakashinooo0@gmail.comまでどうぞ。