2015年11月7日土曜日

なんでもやってみなけりゃわからない




そう、わたしたちはなんでも経験してみたいから生まれてきたはずなんだ。

だから思い付いたことを行動することに躊躇していたら

生まれてきたことがもったいない。


っちゅーことで、



中部より発送したカメラたち、三脚たちが無事に帰還した。


さらに映像のクオリティーを求めていけば1台50万円以上のカメラになってしまうが、

それにはそれ相応の技術習得も必要やし今の私にはまだ必要ない。

今のこのカメラたちで私は構図で勝負!という感覚で撮影している。


これは「映像におすすめのデジタル一眼のカメラはこちらです」と
店員さんに紹介してもらったカメラだ。

映像だけに特化したカメラではなく、デジタル一眼3台で映像や写真を撮っているので、

映像を撮りつつも、そのあとサッと三脚からはずして写真を撮ったりできるので

私にとっては超素晴らしい相棒たちだ。

いつもありがとう。




今回はパパの遺産であるノートパソコンもあったから超重かった。

Macとか使ったらカッコいいんだろうけど、

パパから譲り受けたこのパソコンを壊れるまで愛用するんだ。



バックパック1個は前日にホテルへ送り、当日はもう一つのバックパックを背負って行った。

遠征先に着いてからは大きいバックパックに小さいバックパックを重ねていた。

亀の上に亀みたいな。



カメラはwifi機能付きなのでタブレットと通信が可能だ。
その場でタブレットにカメラから写真を転送できる。
めっちゃ便利。

パソコンが必要だった理由はカメラに入れるSDカードが少ないため、
1日1日パソコンにその日のデータを取り入れ、それを外付けハードディスクに移す、

という作業をしていた。

これだと時間がかかりすぎたのとデータの量がもう、
すぐにいっぱいになってしまったのよね。

うん、やってみなけりゃわからんかった。

だから12月の遠征撮影にはSDカードを増やし、
パソコンを持ち運ばずに必要な分はタブレットに取り入れようと思う。

その必要な分ってのはAKIRA師匠のブログ用ね。

写真撮ってその日のうちに必要分師匠に転送。


ほんまに毎日ライブしてブログ書いてって大変やと思う。

3日間の師匠のブログ↓


先日の愛知での写真が大好評でこのようなコメントを師匠からいただいた。



やばいわ、しの、、、
コンちゃんライブの写真は明らかにネクスト ディメンション(異次元)に移行してる。
この波のように打ち寄せる歓喜をよくぞ映像に定着させた。
おめでとう!!
しのにとってもライブ写真の最高傑作であり、
並み居るプロフェッショナルライブ写真家を完全に凌駕してる。
身震いするくらいスプリーム(至上)の写真だぜ!

しのが撮ったどの瞬間も美しいね!!!





ありがとうございます。

撮影している私をいろんな方が撮ってくださったので
ここに紹介させていただきます☆


撮影:タマコさん
撮影:タマコさん
撮影:昌子さん
撮影:ワニさん


撮影:カーデンホール館長 近藤さん

みなさんありがとうございます☆


そして今朝、なんとPICOさんのブログに顔写真付きで紹介していただいちゃっていました!

 一生懸命頑張ることはダサいことなんかじゃないよ! 



PICOさんはダンサーであったりヨガの講師であったり心理カウンセラーだったり

なんかようわからんけど最高に人生を楽しんでいる人!!



この
なんかようわからんけど
って私みたいだ。


アーティストなのか写真家なのか画家なのか映像やってんのか今度は歌っちゃうのか

わたしも何やってるかようわからん人


やっぱり世界は鏡でさ、

わたしもとにかく夢中になって
やりたいことやって
人生楽しんでたら
そういう人たちと出会うようになってきちゃったよ!!

それはきっとみんなもそうなんよ。


周りにいるひとは鏡。



ここでAKIRA師匠語録から一文を紹介。


きみのまわりに集まっている人が今のきみを映し出した鏡だ。
もしそれを変えたかったら、もしくはもっとよくしたかったら、きみ自身が変るしかない。
つねになりたい自分を未来に発信しよう!
AKIRA




来年発売のAKIRA名言写真集買ってね!!

AKIRA WORKS 100年PROJECT
http://akiraworks100yearsproject.strikingly.com/

0 件のコメント:

コメントを投稿