2015年5月31日日曜日

出来ないことは出来ないと認める潔さを。



昨夜のワタナベ薫さんのブログが今の私にタイムリーな内容すぎて驚いた。

我が家の ならびくん



私は今まで、私を気に入って下さった方から依頼が来たら、どんなことでも断らずに引き受けようというスタンスであった。


だが、どうしても出来ないことがあるという場面に直面した。



もしかすると、自分で限界を作っているだけで、

自分でもまだ見ぬ可能性が出てくるかもしれない。と、引き受けてしまった。

自分に期待してしまった。

だめだめ。




試行錯誤しても、やっぱり全然出来ない。


しかも個展の制作に加え、個展前までにその苦手とするものの依頼の期限を設定されてしまったら、

何をどう、どこに自分を向けたらいいのか迷いに迷って訳が分からなくなり、

ショートしてしまった。

自爆である。



私が苦手とするものは、

苦手で良いか。

しゃーない。

完璧な人間なんておらんもんな。

克服することに時間をかけるのではなく、

ホンマにしたいこと、得意なこと、興味のあることに時間を使おうと改めて思った。





依頼に無理してまで頑張って応えようとするのって、

人の為=偽 になってまうわ。

良い人であろうとしている。

もしくはあらゆる恐れなどから断らなかったのだろう。




自分の不得意なことは、逆に得意としている人がいるっていうことだよな。


せっかくこの世に新しいものが生み出るなら、

不得意な人が苦しんで制作するより、

得意な人から楽しんで生まれる方が良いよね。



だから、これからは私は出来ないことを明確にして、

出来ない依頼が来たら、それが得意な友人知人作家たちにスルーパスをしていこうと思ったんだ。

抱え込まず、どんどんスルーパスしていく。

手放していく。

もしかしたら そうしていくことで、私が得意なことが友人知人からもスルーパスされて回ってくるかもしれないね。

そしたらどんどん得意な仕事をしていくことが可能となるね。


考えたらわかるような当然のような事なのかもしれないけど、

自分の身を以て経験して実感して理解できていく。


遠回りかもしれないが、

どんどん自分の身を以て経験をしていこう。




ということで、

私はなにが得意かというと、


【1→100に変化させるような作業】

たくさんの素材を編集してまとめたりすること。

例えば、写真を元にペットの絵や遺影を作成すること。

名刺作成、イベントのフライヤー作成、映像編集など。



不得意なことは、

【0→1に起こす作業】

キャラクター作成、絵本の挿絵の作成、アニメーション制作など。




ということが明確になってきた。

オーダーメイドペインターと言いながら、こんなことになってしまった。



仕方がない。

合う合わないがあって当然だよね。


こうやって悩むときって本当にやりたいことは何なのかを整理できる貴重な時間だわ。



うわ!またタイムリーなブログを発見してしまった!
はじめて拝見したブログだけど、こちら↓

秦由佳さんのブログ




ってことで、

手放したら新しい仕事が巡ってまいりました。


パチパチパチー!!\(^o^)/

あ、キャラクター作成や、絵本の挿絵を得意としている方、

いらっしゃいましたら、スルーパスをさせて頂くかもしれませんのでご連絡お待ちしております。


外で制作。

0 件のコメント:

コメントを投稿