2016年7月6日水曜日

フロントマンに必要なのは 裏切る勇気 と 裏切られたときに許す勇気。@岐阜





私は相手が師匠であろうが
裏切っていく人間です。



師匠と出会って2年が経った。

「しの、オレをどんどん裏切り続けてくれ」


そう言われ続けてきた。


師匠の名言写真集Willの表紙も、言われたイメージ通りにやらず、
こっちの方がいいなと、
私が勝手に変えて、そのまま印刷して、そのまま師匠のいるスリランカに送りつけた。


お互いにビジュアルでモノを把握していく人間だから、
先につくって見せた方が早い。

「こっちのほうがむっちゃいいじゃーん!」と、
私が勝手に作った表紙がそのまま採用となった。


きょうのタイトルにある言葉は、
7月6日のAKIRA歌秘伝セミナーでの師匠の言葉だ。


表現者は人を傷つける勇気を持たなくちゃダメよ。
きらわれる勇気、傷つける勇気、迷惑をかける勇気。
表現者である以上、絶対に批判されるから。
フロントマンはその勇気を持ってないと表現できない。
どんどん失敗して、常に実験していく。
人を裏切る勇気がすごい大切。
そのかわり、裏切られたときに許す勇気、
迷惑かけられた時に許す勇気。
何をやってもいいけど、それを自分にされた場合、
それを許すってことを意識して頭にいれておくこと。


私はずっと、師匠からしのはフロントマンだからって言われて育てられてきた。


まりこさん撮影。




時間を朝に戻す。


コンちゃんちに泊まらせていただき、
りんりんさんを車でひろって会場へ向かう。

愛知は渋滞が多い。

北海道の100kmウォークに参加して、
約1週間ぶりに自宅に帰ってきたコンちゃん。

昨夜は夜中に帰ってきたので、
朝にお母さんと久しぶりの会話。

そろそろ出発したいと思いながらも、
団欒な親子の会話を遮れない私。

出発予定から10分が過ぎてしまった。

「そろそろ行くぞ!」

りんりんさんのボイストレーニング開始時間に遅れてしまう!

私はナビを観ながら指示される道とはちがう裏道を走りつつ
りんりんさんのご自宅に向かう。

私が着く前に、りんりんさんは ほかの車を私と勘違いして止めてしまったらしい。
「しのちゃんが来る前にこんなことがあってさ~!あははー!!(●^o^●)」

車内は朝からにぎやかだ。

コンちゃんにも、りんりんさんにも師匠の体調のことを訊かれる私。


みんなに訊かれるということは、

ほかにも師匠の体調をどうなんやろって思ってる人がいるんやろな。



うん、


















「知らねー」




とは言わないけど、


スケジュールみっちり詰めまくってるからそりゃ疲れたまってるよね。

いまは靭帯伸びたっつって足痛いらしいし。



って結局、私でも憶測なんだよ。





会場にはちょうど9時に到着した。

ふたりを降ろしてガソリンを入れに行き会場へ戻る。


午前中、AKIRAによるAKIRA歌 秘伝セミナー。

ひとり10分弱にもかかわらず、師匠のアドバイスによって進化を遂げる。


質疑応答20分ほど。



お昼を挟み、ライブだ。


お昼は向かいにある回転寿司のスシローへ師匠と行った。

普段良いお寿司ばかり食べてる師匠は、

「いや~、オレがスシローを食べるなんてね~」

なんて言っていたが、

「スシローもなかなかやるじゃないか!侮ってた~」

なんて言ってたよ。



ライブではPicoさんと再会できた。
心理カウンセラーであり、ダンサーなPicoさん。

映画にエピソードが使われたり出版が決まって絶好調なPicoさん。
Picoさんと関わると人生さらにアゲアゲになっちゃうんよね。
ブログを読んだらあなたも金ぴかになっちゃうよ♡
http://ameblo.jp/akiaki0830-juria/
Picoさんのブログ読むべし。

Picoさんから金運神社の金ぴかのお守りをいただいちゃった!!

やべーーーーー!!!!!+゚。*ヾ(*´∀`*)ノ*。゚+

金運神社と呼ばれる新屋山神社の龍と水晶の金ぴかお守り。



Picoさんはお守りとかあんまり興味ないようなんだけど、
このお守りだけはすごいパワーがあると思ってるんだって。

実際に手に握っているとジンジンするんだよね。

そんで、これは鞄に入れておくよりも
すぐに身に着けた方がいいと思ったんだよね。

だから包装から出して、ポケットに入れて撮影をした。


そしたらすぐに効果を発揮した!
Picoさんパワーやっぱすげー。

この日のホテルはシングルを予約してたら、

ホテル側の事情により、
夜景の見える最上階の
広いツインの部屋になった。

グレードアップ!

そんでもって
師匠の名言写真集の注文が入った。

Picoさんパワーやっぱすげー。


Picoさん初出版の本は今月末発売だって!(●^o^●)
『宇宙のすべてが私の味方』
山川亜希子・PICO著




なんかのミュージカル劇団みたいな感じだ。


ウレシパモシリでみんなが気持ちよく踊っているのを撮影しながら私は泣いていた。

「しのが泣くなんて珍しいじゃん」って師匠に言われたな。

私は撮影する喜びと、
もうあと数回しか撮影しないんだなって思って涙した。


やっぱり解放されてるみんなを撮るのは楽しい。






みかんさんはいつもライブのとき、
師匠がブログを書きやすいようにセットリストや
ライブで前に出た人の名前とか、その人たちが話していたポイントを書いて
ライブの後に師匠に送信してくれている。


セットリストがあるだけでも師匠はとても助かっている。

前まで私や京都の庸輔さんがやっていたんだけど、
今ではみかんさんが引き継いでやってくれている。

みかんさんが主催だから今日は私がやるつもりでいたけど、
撮影に集中してねって、
いつも通りやってくれた。


ライブ中にみかんさんがタブレットをいじっているのは、
こんな感じで師匠のためなんだ。

本人の記録にもなっているようだけどね。



のれん分け10人は、

あ、はみでた。りんりんさん。

どーん!




りんりんさんの歌うGODの迫力ヤバいな~!

11月にりんりんさん主催ののれん分け歌合戦があるよ。
これもヤバいことになりそうだね~!
めっちゃいい意味で。
11月6日(日)名古屋にてAKIRA歌のれん分け歌合戦(AKIRAは出演しません)
10組の、AKIRA歌のれん分けシンガーさんの演奏の他にも、
リクエスト多かった曲を、みんなで大合唱したり、
ママと子ども達による『Hello My Mom』隊や、
『大丈夫!マイフレンド』替え歌ラップソロ回しなど、
盛りだくさんなAKIRA歌企画を予定しています。
出演のれん分けシンガーのエントリーは締め切られてますが、
一緒に歌って踊って語り合う仲間の参加を募集中!
定員100人! つまり主役が100人!





さて、きょうの動画。



  1. 【全盲の旅人コンちゃん】 Invisible world ― 31:29
  2. 【脳性麻痺の娘を持つ田中美幸 】Dress ― 41:25
  3. 【カフェぷらなのオーナー 小見山昌子】愛することをやめないで ― 52:28
  4. 【勇気を持っての出演!小谷真理子】レラ ― 1:14:10
  5. 【天真爛漫な保育士、浅田奈美】光の子どもたち ― 1:29:07
  6. 【栃木県出身 AKIRA大好き一家 玉野吉浩】alone ― 1:47:42
  7. 【大阪から母や弟との死別、闘病中の父がいる河井麻美】勇者の石 ― 1:54:30
  8. 【シンガーソングライター崎田光】Hello my mom!+マザー ― 2:08:16
  9. 【人見知りで口下手な 魂の歌い手、はやしはこ】家族 ― 2:14:48
  10. 【笑いヨガインストラクター&シンガーりんりん(真野寿々子)】GOD ― 2:24:26


AKIRAブログ
人は伝えるために生まれてきた@岐阜県可児市
http://ameblo.jp/akiramania/entry-12178228476.html



ふつうなら「AKIRAさんの曲を聴きに来たんだよ~!!」っていう人が多くなるはずなのに、
みかんさんの手腕もすごいっちゅーのもあって、
お客さん、みんなあたたかくて、涙を流す人も現れて、すんごい良いライブだった。

歌うという行為は、太古から行われてきた人間の根本的な行為だけどさ、
プロとか素人とか関係なくて、

何を伝えたいか
ということなんだね。

師匠は「とにかく自我を消せ!」

「ひとりひとりに伝えるように」って言ってたな。


のれん分けメンバーの変化を、
映像を通して観てみてほしいな。

午前 秘伝セミナーの動画
https://youtu.be/ug-OvEbr0cs
午後 のれん分けライブの動画
https://youtu.be/nl5NjTw2cww









みかんさんからはずっと、
「私の主催のときには私がAKIRAさんをエスコートするから!」と言われ続けてきた。

どうぞどうぞ!おっさんのこと任した!って感じだ。


いつも私が運転したりするからね。

新潟ツアーの時は逆に私はAKIRAさんのドライバーを依頼されたりしていた。

主催するときくらいしか主催者さんはAKIRAさんと一緒にいることがないだろうから
話したければドライバーしたらいい。

ただ、運転しながらマシンガントークは運転危ないよ。
マシンガントークは師匠、疲れるよ。

私は師匠が何を考えているのかわかってしまうから、
師匠にとっても一緒にいてラクな存在なのだろう。

そこはもうしょうがない。

師匠に恋愛感情もったばばあたちが私のことをうらやましがろうが妬もうが、
どう思われても仕方がない。

考え方感じ方が近いから、一緒にいてラクなんだっつー事実は変わらないんだよね。


師匠をエスコートする人は、師匠の動き、表情を読み取れと言いたい。

いや、無理か。

これは観察眼の鋭い私だからできちゃうんだよな。

いつも師匠の行動の先を読んでしまう。



何が言いたいかというと、

師匠はライブが終わった後にたくさんの人と
長い時間(ダラダラと)その場に居続けるのはイヤなんだ。
みんなのことは好きだけどね。
人気者だから次々と話しかけられ、人生相談されちゃったりもする。
みんな、42,195kmのフルマラソンを走った後に、
人生相談されたら、ちょっと待ってって思わん?
そんな感じ。
私、走んないけど。

あ、イヤってはっきり書いてすまん。
そりゃ本人はイヤとは言わないけどね。

(師匠が読んでいないことを願う)

(って思うブログに限ってあの人読んでるからあきらめる)


だからライブ、物販販売、撤収作業が終わったら
ドライバーはできるだけ早く師匠をその場から連れ出してほしい。
と私は思っている。

この日、エスコートすると言っていたみかんさんが見つからなかった。



みかんさんの裏事情ブログに書いてあったこと、



そのあと、ライブ主催者として本当に、本当に
本当に頑張ったから、すぐに今日のライブ感想を
AKIRAさん本人から聞きたかったから、
AKIRAさんの送迎は私がやるって言ってあったのだけど。

気付いたら、もう、しのぴが、
AKIRAさんを乗せて行っててさ。
すっごく、悲しかったなー!

気を取り直して、今日の直後の感想を聞くべく、
電話したら、今、セカストにいるという。
セカストにいて、気晴らししているAKIRAさんに用はない。

~中略~

だいぶ前にも言ってあったけど、私は今、AKIRAさんから
とにかくインストール中だから、自分が主催して
地元にいる間は、私が送迎するってしのぴに、
もう一度伝える。

「明日は、私がAKIRAさんを案内します。
私への誕生日プレゼントと思って、協力よろしくね!
貴重な時間を、インストールしまくる!ありがとうね〜〜♪」

「今日はAKIRAさん、逃げたがってたからすぐに車に向かったよ〜」

逃げたがっているって表現に、なんか嫌気がさした。



奈穂さん撮影。


みかんさんの裏事情ブログに対して
私も裏事情で返そう。



師匠には今日と明日はみかんさんが送迎だからって伝えていた。

でもみかんさんがいなくて、「しの行こうよ」と言われた。

私が優先するのは師匠が今、どうしたいかということだ。

これ結局、師匠を優先しようと思う自分の気持ちを優先しようってことなんだけど。

それで嫌がられても仕方がない。

私は昔から嫌われ役だからという気持ちになった。



高校時代とか、
クラスの代表や実行委員会の委員長をしていた私は、
みんなに言いにくいことも言う立場だった。

この頃からずっと、嫌われ役だから仕方ないっていう感覚をもっていた。
自分の役割を全うすることを考えていた。

この頃から私はフロントマンだったのかもしれない。



大勢のところから去りたいという師匠の感覚をみかんさんは分かっていると思って
逃げたがっているってそのままメールにしたらブログやfacebookに書かれた。笑

うわ、まじか、そのまま書くのか~と思った。

主催者は主催した当日にはナイーブになっていることを忘れた私の言葉の選択ミスだ。

セカストから出てきた師匠に
「ほら、みかんさんから明日は私が運転するってメール来たぞ!」

って言ったら、「あ、ごめーん」って。


こうやって書いて、私は師匠をわるものにしてんのね。笑




私が何を書いても、
もうみかんさんは嫌気がさすだろうな。






ま!いっか!( ̄▽ ̄)!


私たちはフロントマンだから
お互い裏切っていこうね!!( ̄▽ ̄)!

へへへ。





2 件のコメント:

  1. あなたの判断と行動はパフォーマンス後のパフォーマーにはベストの選択です

    返信削除
  2. あなたの判断と行動はパフォーマンス後のパフォーマーにはベストの選択です。そして板を降りた人はただの人で最高のパフォーマンスを届けたならそこでお役目は終了です

    返信削除