2017年1月22日日曜日

彼女が夢を叶える瞬間に立ち会う@旭川

桜子ちゃんの初出演のオペラを鑑賞。


終演後の桜子ちゃんと。

桜子ちゃんは、
『年明け一発目のメールは、あげまんのしのちゃんに送る!!』とメールしてくるような人。
彼女は『初めてのオペラ出演はしのちゃんにぜひ来て欲しい!』と
S席のチケットを用意してくれた。

オーケストラ付きの本格的なオペラである。
1月21日(土)旭川市大雪クリスタルホールにて
オペラ 「かぐや姫」
豊島雄一プレゼンツ
作曲・台本・指揮:平井秀明
演出:小澤可乃
旭川市大雪クリスタルホール平成28年度旭川市自主文化事業公募型市民企画公演
キャスト、オーケストラ、合唱、スタッフの9割が、旭川にゆかりのある方々。

オペラ全般を通して、非常に素晴らしいオペラだった。


チケット発売開始後1ヶ月でチケットは完売した。


桜子ちゃんの役は、里一番の美女である 里の娘 役。
かぐや姫のライバルで、物語を盛り上げるために今回作られた役だという。

容姿端麗な貴公子の車持皇子(くらもちのみこ)が
かぐや姫に心を奪われる様子に里の娘が嫉妬する場面を、
うまいこと演じていた。


桜子ちゃんほど柔らかな高音を放つ人を私は知らない。
里の娘役は桜子ちゃんのキャラクターにとても合っていた。
桜子ちゃんは表情が豊かで 表現力の豊かさはピカイチである。
出演者の中で圧倒的に抜きん出ていた。
AKIRAさんは私とコンちゃん主催の愛知ライブを告知する時に、
桜子ちゃんのことを“北海道を代表するオペラ歌手”と言ってくれていたけれど、
それがこれから本当になっていく。
今後、北海道を代表するオペラ歌手となるよ。

2016年5月に桜子ちゃんがAKIRAさんのライブを初主催した時に、
「オペラ歌手になりたいと思った時期もあったけれど、
今のオペラ界はとてもお金がかかり、
主役級になるには何十万もかけなければならないからあきらめたんです」と話していた。


その初主催ライブのあとに、縁あって地元旭川でのオペラ公演出演が決まり、今回に至った。
願って、手放して、流れに身を任せていたら
いつの間にか願いが叶う流れだ。

人は、知らず知らずのうちに願いが叶っていることが多い。
今日、私は桜子ちゃんがくっきりと夢を叶えた瞬間に立ち会った。

フィナーレの 月へ戻っていく かぐや姫を見届ける場面。
キャスト、オーケストラ、合唱の全員での演奏が盛り上がりを魅せる。
重なる桜子ちゃんの高音ボイスを聴いた私は、
【 あぁ、この人は やり切ったよ 】
そう思った。
そして、感動して、とめどなく涙が溢れた。


良かったね。
本当に良かったよ。

そしてまた、
これが彼女の人生の大きな伏線となるのであろう。



終演後、ソリストたちが外で観客のみなさんを見送る時、
私は桜子ちゃんのところへ向かった。
私たち 2人してウルウルしている。
桜子ちゃんはよく泣くから毎度のことで、
私もご存知の通り?よく泣くのだが、桜子ちゃんの前ではそんなに泣かない。


いや、

そうだった、忘れてた。

彼女が歌うAKIRA歌「Hello my mom!」を初めて聴いたときに、ウルウルしたんだったわ。

彼女の歌声は、
聴いている人の心を震わすのかもしれない。





私が愛知ライブで載せたプロフィールとはちがう
今回のパンフレットでの桜子ちゃんのプロフィールを紹介しよう。

本間桜子(ソプラノ)
旭川市出身。旭川市ななかまど少年少女合唱団の入団を機に、歌う楽しさを知る。
札幌大谷短期大学音楽科声楽コース卒業。同専攻科修了。在学中、卒業演奏会、音楽科定期演奏会、クランツコンサートなどに出演。旭川市新人音楽会、札幌市民芸術祭新人音楽会、三岸好太郎美術館ミニリサイタルなどに出演。北日本フィルハーモニー管弦楽団にて、豊島雄一氏とソリストを務める。これまでに、島田恵子、則竹正人、鐡彌惠子各氏に師事。現在、和・ハーモニー音楽療法研究会メンバー。ミュージカル出演、イベント、カフェコンサート開催など楽しく活動中。



きょう、オペラ歌手としてのキャリアが始まった。
太陽は水瓶座に位置している。
未来を現実にしていくチカラだね。




きょうのことはブログに書かなければいけない思いに一日中ずっと駆られていた。
もしかしたらAKIRAさんが主催者や参加した人たちのために
ライブのブログを書かずにいられないのは、
これに似た思いなのかもしれないと、少し思った。
書かなければ、消えてしまうから。と、AKIRAさんは そう話す。

AKIRAさんは、記録に対して思いの強い人だ。


札幌ー旭川間は、特急スーパーカムイという列車で移動できる。
「特に急いでいます、めっちゃ神様!!」と訳すことができるね。
カムイは、AKIRAさん好きな人にはおなじみの、アイヌ語で神様という意味だね。
往復で1万円くらいだ。
桜子ちゃんは何度も札幌と旭川を行き来して練習を重ねてきた。

旭川の駅はとっても新しくて、きれいだった。
マイナス17度とか、昨日ママが言ってたけど全然寒くなかったわ。

オペラの協賛に、パキスタンカレーのつなぎ屋も。
つなぎ屋CMも私の編集したやつね。
https://youtu.be/ddXHZ1F7tMw

私のお気に入りの数字は44なんやけど、
帰りはスーパーカムイ44号で、4号車で4番A席でさらに4番ホームから出発だった。
なんだか背中を押されて、この調子やで♡って言われているような気分になるね。
Aも4に見えるし♪
なんで44が好きかというと、私は0時44分生まれだからなんよ。

スーパーカムイの次のスーパー宗谷も4号やし!笑



旭川駅隣接のイオンで、トイレカバーを買ってきた私。( ̄▽ ̄)
ずっと可愛いの欲しかってん。
「あ〜こりゃすぐ汚れるわ!」と笑いながら話すママ。



0 件のコメント:

コメントを投稿