2016年3月13日日曜日

お金には覚悟をさせるチカラがある。



まずはお礼!!


先日の3月5日のブログで投票のご協力を呼びかけたこれ↓

《長倉さんが1票入れてだって!!》
みんなの1票で、人身売買の女児をさらに助けることができるかも。
詳しくは下のメルマガを見てや〜!
メルマガ貼っちゃって良いかなぁ?まぁいっか!


【清き一票を】そろそろ自分の活かし方を考えよう!
こんばんは。
長倉です。
今日はお願いがありメールしました。
「投票してください!」
オレが支援させてもらっている
一般社団法人Smart Survival Project
(スマートサバイバープロジェクト)
が、グッド減災賞優秀賞に選ばれました。
さらに、ここからが重要です。
優秀賞5団体から、
みんなの投票で「最優秀賞」が選ばれます!
なので、まじで、
一般社団法人 Smart Survival Project
 (スマートサバイバープロジェクト)
に清き一票をお願いします。
投票は下記から。
http://pif.jp/award.html


こちらの一般社団法人 Smart Survival Project さんが、

みなさまのおかげで

最優秀賞に選ばれたようですよ!!

ご協力ありがとうございました!!

一般社団法人 Smart Survival Project (スマートサバイバープロジェクト)代表理事であり、
元ふんばろう東日本支援プロジェクト代表 西條剛央さんの投稿を添付いたします。

皆さんの御支援のおかげで、オンライン投票➕当日のプレゼンを踏まえた会場投票の結果、スマートサプライ(SSPJ)が《グッド減災賞の最優秀賞(グランプリ)》を受賞することができました!おかげさまで、今後の普及に大きなスプリングボードを得...
西條剛央さんの投稿 2016年3月13日


なんかめっちゃうれしい!!
少しでもお役にたてた気分だよね!!
私のブログをきっかけに投票してくださった方がいらっしゃったら、とっても嬉しい!!
ありがとう!!



あぁ、これだよね。



自分が大好きな人、尊敬している人を少しでも応援したい、力になりたいっていう想いで世界は回っているよね。

この力がこれからの時代、さらに大きくなっていくだろうね。



そして、私のことを応援してくださるかたもいっぱいいてくれている。
今日なんてめっちゃうれしかったのがさ、

岐阜県美濃加茂ライブ主催者さんのみかんさんが、
動画の最後の部分を見てくれて感動してくれたようだよ。


【10月31日のイベント映像、最後のボーナストラックを今日、見た★】どわぁ~!°・(ノД`)・°・わぁん最後の、ボーナストラック的な画像+AKIRAさんの「ありがとう」がヤバかった泣きそうやった!みんなありがとう~!夏み...
佐藤菅井 美佳さんの投稿 2016年3月12日


映像に
たなかしのちゃんの愛をたっぷり感じました
しのちゃん
ありがとう~°・(ノД`)・°・
一月にアップしてくださったのに
この映像は前半までしか見てなかったのよ!!
今日、見れたタイミングもきっと何かあるんだろうね♪
みんな
ありがとう~\(^o^)/
あなたのすべてに
ありがとう~♪
°・(ノД`)・°・
あぁ
感動したぁ!!!
これからAKIRAライブ!を主催する皆様
たなかしのちゃんの映像、「しっかりお金を支払って」愛を循環させてね~♪
お金以上の幸せと喜びと愛がいただけるよ
保証します♪




って!!

みかんさんありがとうございます!!


実はみかんさんからはね、

この日これからの たなかしのに期待を込めて ということで

がっつりギャランティーをいただいたのです。

これはしっかり編集せなアカンという覚悟になったよ。

この日の映像だけは先延ばしにはしないって思った。


善意だけではどうしても後回しにしちゃう部分があったり、

できない部分というものがある。



お金には覚悟をさせるチカラがある。

そして、お金と覚悟の関係は2つあると思うんだ。


いい仕事をしてやるぜ!という覚悟。

と、

お金をいただくという覚悟。




私なりのお金をいただくという覚悟は、先月のバンコク滞在の時の2月5日のブログに書いたので、コピペしよう。


最近感じているのは、私に価値を感じてくれている人たちは確実にいるんだなということ。
たなかしのというキャラクターを見てくれている。
そして私自身が発することを楽しんでくれている人、
楽しみにしてくれている人たちがいてくれているということを感じている。
先日も、パキスタンカレーのつなぎ屋の店主が、
しのさんのファン絶対いるわ!と私のトークに爆笑して絶賛してくれた。
素直に嬉しかった。

ここでちょっと、
他人のせいにして前に進めるのならば、
いっそのこと他人のせいにしてみようかな。

他人のせいにするというよりも、
他人様の言葉をきっかけに動いてみるということだけれども。

私が自分で設定した仕事の値段が安すぎると師匠からご指摘を受けた。
私の尊敬する長倉顕太さんも、「自分の仕事を安くするのは甘えである」という言葉を残している。
このタイミングで私がこの言葉をキャッチするということは、
これがメッセージなのだろう。

そして、余生を一緒に過ごそうと誘ってくれた
アメリカ人のおじいちゃんが私に言ってくれた言葉を思い出した。
「しのにはキャリアがあるんだね」
ヤバい、今こうして書いているとその時のことを思い出して涙でてきた。

おじいちゃんに私は中学からずっと美術でやってきているという話をした時だ。

ん、なんだかここに私の中に押し殺していたものがあるようで、
今、雑貨のあるおしゃれカフェで書いてるんやけど、涙があふれてしまう。
良かった、他にお客さんがいなくて。
それにしてもどんだけ泣くねん。

12歳でデッサン描いて受験して、
中学高校そして大学まで美術でやってきているというのに。
私はその時間での経験を認めることが出来ていなかったんだ。

今、こうして好きなことして生きて、のほほんと好き勝手やっているけれど、
かなり自分を自己肯定出来てるつもりでいたけれど、
私の中に大きな大きなしこりがあって、そのしこりこそが自分のキャリアを認めることから逃げていたということだったのかもしれない。

あぁ〜!今回の旅はすごいことになったぞ。
つまり、いつまでも若手ぶっているのは逃げである。
はっきり言って、あの変なAKIRAさんに(変なって言っちゃった。褒め言葉である)出会った時に衝撃を与えた私なんだから。
あのAKIRAさんに一目置かれているのだから。
世界的セラミックアーティストのKANEKOさんに興味を抱いてもらえた私なのだから。

神「しのよ、もうそろそろ、自己評価を上げても良いのではないだろうか?」
ウニヒピリ「私を見てよ」
私「   ´д` ;   う、 うん」

ここでいま一度、この先に望む自分の生き方を考えてみる。
というか、
あーだこーだ言うよりも、単刀直入に。

【 仕事の値段を上げるぞ!】

安さを求める人は、安いところに行けばいい。

私が売りにするのは安さではない。
たなかしのに依頼をしたい方だけが、私のところに来てくださればいいのだから。
安かろうが高かろうがキャラクターを気に入ったら、その人に仕事を頼むものだ。

私が創るものには、今までの私が詰まっている。
私の編集作業の選択配置のひとつひとつにも私の人生が詰まっているということだ。
「実績つくまで待ってるやつは一生実績つかない。実績は勝手についていくもの」
と、長倉さんは仰る。

私はついつい、相場はいくらなのだろうかとか、
あの時受けた仕事はいくらでやったから、またいくらくらいだなと思っちゃうけど、
私も成長している。

たなかしのという価値を自分でつけていく。

これは覚悟だ。

師匠がこれだけ評価してくれているのに、
自分で安くやっていたら、
ギャランティーをこれだけくれている師匠に失礼なんだと今になって気付いた。
そうだよな、そうだよな、そうだよな。


私って良いこと書くよね~。

あ、話がズレた。




つまり、

わたしはこれからどんどんたなかしのという価値をつけていくよ。

それでさらに影響力を持ってみんなを巻き込んで

私の大好きな人、尊敬している人を応援していくぞ!!



必要な人に必要な支援を必要な分だけ届けるシステム「スマートサプライ」とは?
スマートサプライHP: https://smart-supply.org/



0 件のコメント:

コメントを投稿