2016年3月22日火曜日

たなかしの という覚醒剤 @ TOKYO JAPAN そして、賽は投げられた。





まさか私の存在が覚醒剤だと言われるとはね。

去年の夏に出会った年下の師匠カヤノヒデアキ氏にfacebookで書かれてしまった。

たしかに私は関わった人を覚醒させてしまう。

それは否めない。




【将来の夢は覚醒剤】 いや、これが、すごい夢ができた。それは覚醒剤になりたい。????夜さyoutubeで何故かチームラボの猪子さんの情熱大陸を見て、この人超面白いじゃん!ってなって他の猪子さんの動画も漁る。そしたら、脳...
カヤノ ヒデアキさんの投稿 2016年3月20日




【将来の夢は覚醒剤】
いや、これが、すごい夢ができた。それは
覚醒剤になりたい。

????

夜さyoutubeで何故かチームラボの猪子さんの情熱大陸を見て、この人超面白いじゃん!ってなって他の猪子さんの動画も漁る。

そしたら、脳みそが覚醒してハイになってアイデアがバンバカでるわけ。

それで、寝れないからフェイスブックに投稿してる←いまここ

北海道でたなか しのさんに初めてあった時も覚醒した。(最近出した電子書籍もホント覚醒する)

それでハイになれるんだから薬の覚醒剤はいらないんじゃないかと。
そんなハイになれる薬のような人間に私はなりたいと。そう覚醒剤になりたいと。
覚醒剤所持の疑いで逮捕されるより、あなたは覚醒剤の疑いがありますと逮捕されたい。
清原さん間に合わなくてごめんなさい。
安心してください、ラリってますよ。この文章もラリって書いてます。
誰かラリホーかけてほしい。
寝たい。。。
以上、将来の夢は覚醒剤でした。

これじゃ私は普通にしているだけなのに、

あなたは覚醒剤である疑いがありますって逮捕されてしまうやないか。

おもろいやないか!

しかし、依存症になられたらいやだね。


コメント欄には私の電子書籍のリンクも貼ってくれた。

ありがとう!!



急遽、きのうは東京に行っていて今朝帰ってきた。

加藤秀視さんのスペシャルトークライブへ行ってきた。


先日出会った長倉さんのところの若い男の子たちや、

加藤さんのところのメンバーである松井くんと

まさかの2週間後の再会だった。

松井くんのサイト→ 不登校変革部


松井くんは心理学を学ぶ現役の大学生でありながら、不登校問題に立ち向かっている。

不登校問題は本人だけでなく、親子関係、親の考え方から改善していかなければならないと、

毎日2回くらいメルマガを配信しながら、ワークショップを行ったりとガンガン活動している。




そして、去年7月11日に私が主催した大阪でのAKIRA LIVEにお越しくださった方とも再会して、

声をかけたらめちゃくちゃ喜んでくれて超うれしかった。



加藤秀視さんのお話はAKIRAさんの歌と通じるところがあった。

コラボしたらおもしろそうやな。


トークライブの前後には、先日仲良くなったミゾノ君にモデルになってもらって写真を撮った。




彼もこれから覚醒するよ。

ミゾノ君ありがとう!



さて、札幌に帰ってきて、



ついに




賽は投げられた。


AKIRA 『 Will 』 遺言集 1000冊入稿注文した。


吐きそうだ。

ドキドキする。


ほんまにこれで1000冊刷っていいのだろうか

そんな思いで後回しにしたら4月発売に間に合わない。


もう試し印刷は必要ない。

腹を括るぞ。


印刷注文する決定ボタンをクリックする前に、

もう一度試し印刷の写真集をぱらぱらめくり、

泣いた。



ここまでよく、やってきたな。

ここまでよくたどり着いたよ。


そんな思いになった。


そして
入稿した。




お祝いにお持ち帰り用の買っておいたつなぎ屋のパキスタンカレーを食べて、

超ひさしぶりに発泡酒を飲んだ。



そしてウトウトしながらこれを書いている。


師匠から、「きのうもいろんなスリランカの人に見せて大喜びだった」とか、
「スリランカでの反響がすごい」とメールが来ていた。


腹を括って1000冊印刷入稿しましたとメールしたら、

男らしい!完璧でしょう。

というメールとともに、
スリランカの方々が写真集の好きなページを開いて持った写真が送られてきた。



私の作品は海を超えて反響している。

これからもっと人生おもろくなる。


 




0 件のコメント:

コメントを投稿