2016年3月8日火曜日

「小学一年生に『恋愛』って科目を作ろう。」







この言葉に対して、みんないろんなことを考えたんちゃうかな。

おいおいおいおいおい! とか、

好きな人のことを考えたり とか、

実際に小学生にどんなことを伝えるんや? とか、

私だったらこんなことを伝えたい とか、

また たなかは何いっとんのや とか、



みんながいろいろ考えたり感じたと思うから私は何も言わん。

といいながら、ちょっと考えてみる。





恋愛ってなんだろうね。

恋と愛とはちがうとか、みんないろいろ言うね。


では私の思ったことを書いてみよう。




恋は、

どうしてもその人のこと考えちゃって、

ドキドキしたり、

メールこないだけでそわそわしたり、

メールきたら わっほーい!ってテンションあがること。

これって恋じゃん。

恋してるやん!わたし!!みたいな後から気付くのよね。



愛は、

その人が生きててくれればそれでいいという想い。

あふれでてくる愛しさ。

その人がしあわせ感じたり、楽しんでたり、失敗したり、くやしがったり、笑ったり、

失敗も経験になって人間が大きくなるしね。

たくさんの経験をしてほしいと見守ること。




恋と愛をわけて考えてしまうねぇ。



恋愛は、

というか、

恋愛のドキドキ感はずっと味わって生きていきたい。


一生、恋をしたいから私は結婚しない。

同棲もしない。


80歳になっても恋するぞ!!




もし小学一年生に恋愛という科目ができたら、

愛は束縛ではないこと、

期待することではないこと、

考えを押し付けるものではないこと、

って伝え・・・


小学一年生には早そうだな。

早いよな。




タイトルの この言葉はアンディ・ウォーホルさんの言葉である。

いやぁ~、東京の本屋さんは札幌では手に入らない本があるね!!






アンディさんの名言の本を入手できた。
『とらわれない言葉』 青志社 訳 夏目大


ねぇ、アンディじいちゃん、何を思ってこの言葉を残したの?




そして、




赤い本は蜷川実花さんの本。

このなかに斎藤工さんの写真がある。

もしも斎藤工が「人に言えない恋」の相手だったら…… のページより。




女性ファンの夜の妄想をかきたてるような写真があった。

私は斎藤さんのファンではないが、参考資料として買ってきた。




ここ最近、先週金曜日から怒涛の日々だ。

怒涛の日々のまとめのブログを書きたいが今日は間に合わない。

なんだかんだでブログが25日から12日間毎日更新が出来ている。


なんだかよくわからんが、やることも大量だが
毎日更新が続いているから続くところまでやってみたい。


という願望により、今日のブログもあっさりだ。


今日は昼の12時前まで爆睡できた。

昼の12時前はいつもの起床時間だ。

12時間も眠れたよ!

最近、寝ようとふとんに入っても不眠症気味だったからスッキリした。




私が東京滞在で家にいない間、
お花ちゃんたちの横にJapoさん筆「あなたは大切な人です」のハガキを置いておいた。
散ったお花たちはパレットへ。

師匠が旅で日本にいない時に入ったCDの注文は、
私が代理で発送しているのだが、今回初めてありがとうのおハガキを頂いた!!
むっちゃ嬉しかった!!

Japoさんありがとうございます☆





今日は、AKIRA師匠にきのう試し印刷が届いていたAKIRA名言写真集を発送したり

仕事のメールのやり取りしていたら一日があっという間に過ぎてしまった。


ブログは長いときは書くのに6時間かかったりもする。

そんなに長い時間かけてまでなぜやるのか。

それは、やらなきゃ消化不良を起こすからだ。

っちゅーことで、

これを公開してすぐ明日のブログを書くのであった。








0 件のコメント:

コメントを投稿