2016年3月16日水曜日

自分がいいと思うようにまずはやってみよう!はじめての電子書籍ついに発売!


にゃっほー!みなさんきょうも覗いてくれてありがとー☆
あたしゃ 馬だよ。








まずおしらせ!!
はじめての電子書籍が発売になりました


【 たなかしの作品集。ようちえんから30才までの作品。[kindle版]】





「すばらしい!」

がっはっは、
即購入し、
完読し、
レビューまで書いてしまった!
ひとりのアーティストの半生が濃縮されてつまってる。
オレの知らない作品もけっこうあって、驚いたよ。
すごい人生だよ、このアーティストの人生は。
作りもむっちゃいいねえ。
シンプルでカラフルで読みやすくて、
ぐいぐいつぎのページにひっぱられるワールド。
もう世界中どこにいてもこれを見せられるってすごいことだわ。
おめでとう!

AKIRA


これには たなかしの が たなかしの になるまでがつまっている。
たなかしの はじめての電子書籍発売開始。ついに発売になりました。
アート・建築・デザイン部門105位までいった!!


【 たなかしの作品集。ようちえんから30才までの作品。[kindle版]】
http://www.amazon.co.jp/dp/B01CXDKUZG

Amazon著者ページ:たなかしの

内容紹介
好きなことを好きな場所で好きなだけする。
そんな人生でもいいと思う。
そんな人生を送ってみている。
私の人生は実験的人生。
生きてることが作品なんだ。
必要なものはすべて与えられ、
これからも与えられ続けていく。
そして私は何かを生み出し続けていく。
私は自分の言葉で創造する。
アーティストたなかしの の作品集。
歴代の作品を並べただけでなく、
作品とともに たなかしの の30歳までの人生を時系列にまとめ、この一冊に凝縮。
実験的人生を送るたなかしのの、既存の作品集にとらわれない新しいカタチの作品集。
おじいちゃんおばあちゃんの家をまるごとつかったグループ展【 中村邸にて展。略してnakaten 】も収録。
――――――――――――――――


目次っぽいもの。


さいしょのページ 
私はただここに在る 
実験的人生 

―お詫びとお知らせ― 

【 幼稚園小学校時代 】 
ようちえんのときの絵 
わたしは末っ子 
油絵との出会い 
はじめての油絵 

【 中学時代 】 
果物のある静物画 
風景画と蝶 
中学時代の作品集 

【 高校時代 】 
パイナップルとか 
学校で有名になった17歳 
おじいちゃんの絵とか 
静物画祭り状態 
夜明け 
ぬくもり 
チカクニイテクダサイ 
生物 
筆を握る自画像 
赤い自画像 
ほにゃ 
生物Ⅱ 
自我 
靴 
デッサンの記録 

【 大学時代 】 
自信過剰 
鏡に映るモノたち 
絵2まい 
人物画 
大学時代のわたし 
ぼーるぺん 
包み紙がすき 

【 中村邸にて展。略してnakaten 】 
おじいちゃんおばあちゃん 
2.5階のトイレ 
《milkylavatory》 
私の想い 
《イトオシイオモイデタチ》 
わたしの思い出 
《百合の間》 
百合の秘密 
一周忌法要 

【 ハミテン 】 
恋を食べる 

【 大学卒業制作 】 
作品のテーマ・コンセプト 
卒業制作展示風景 
pink life ― 2006.January ― 

【 大学卒業後 】 
修行の20代 
愛犬ラブ 
甥っ子 
成長期 
先立つ後悔 
チンパンジー 
ラブ 
宝と花 
心のさけび 
おしゃんてぃー 
かぶりもん 
自分に価値 
ペット画 
子宝祈願 

【 二〇一四 】 
父の他界 
遺影とお墓 
新緑と太陽の海 
ライブ背景画 
はみだすマッチ 
器たち 
遠足 
叫ぶ男 
脳みそちゃん 
わたしのこと 
さいごのページ


――――――――――――――――


たなかしの作品集。A。をもとに制作していますが、
ちょっぴり新しく作品の写真や文章を編集しております。



2014年から構想していた移動式個展。
引っ越し社の大きなトラックを手に入れて移動式の個展をしたいなぁ。
それには運転技術や駐車スペース、予算などが今すぐには出来ないなぁ。
まてよ…手のひらギャラリーにしてみんなの手の中に配信してしまえばいいのではないか。

そんな思いを抱いた2015年2月。
忘れはしない東京での山手線に乗っている時だった。
思いついたとき、これだ!と熱くなった。
実践しているかたはいないだろうかと、すぐに「作品集 電子書籍」と検索した。



【電子写真集のカリスマ 杉山宣嗣さんとの出会い】

すると海外でもご活躍のフォトグラファーであり、電子写真集のカリスマと呼ばれる杉山宣嗣さんの
「フォトグラファーのためのタブレットPC活用術ーKindle電子書籍の写真集を自分で作るー」
http://shuffle.genkosha.com/special/tablet/8555.html
というページに出会った。
そしてそのページに載っていた杉山宣嗣さんが出版なさっている
「Kindleで作品集を出そう!Kindle Comic Creator編」
http://www.amazon.co.jp/dp/B00E124GQM)をダウンロード。
最後のページには「電子書籍を出そう!」というFacebookページを主宰していると書かれていて、これはご本人につながるチャンスだ!と行動力と勢いだけの私は 超幸運にも杉山宣嗣さんご本人とお会いすることが出来た。
杉山さんからは電子書籍にちょうどいいページ数や金額の付け方や編集方法、販売方法など、たくさんのアドバイスをいただいた。
(それなのにもかかわらず、私はページ数を多くしちゃったり、金額の設定を考えすぎて悩むくらいなら金額は私の好きな数字にしよう!などというとても失礼な状態になっちゃいましたごめんなさい)


杉山さんはプロ中のプロのフォトグラファーであり、アプリなども開発しているし、とにかく私の憧れの存在である。ヤバい。
杉山宣嗣さんの写真展がまもなく銀座・札幌・名古屋のキャノンギャラリーにて行われる。
詳細は最後に掲載。
杉山宣嗣さん、本当にありがとうございます!!
東京で思い立ったときから1年が経ち、ついにはじめての電子書籍が完成した。


杉山宣嗣さん オフィシャルHP : http://www.nsp-jp.com/
杉山宣嗣さん オフィシャルBLOG : http://www.nsp-jp.com/blog


【私の尊敬しているコンテンツマーケター 長倉顕太さんの存在】

電子書籍作家として毎月のペースで出版している長倉さん。株式会社長倉顕太事務所では、メディア(書籍、電子書籍、オウンドメディア、SNS、メルマガ)を活用した、コンテンツマーケティングの支援をしており、とくに書籍、電子書籍を活用した、個人、法人のブランディングでは業界一の実積を誇っている。
http://kentanagakura.com/

長倉さんが「1984 ― 人生はデリバティブでレバレッジ ー 」(http://www.amazon.co.jp/dp/B00RG08S7E)というタイトルの電子書籍を販売したあたりから
10回以上夢に長倉さんが出てきて、一部の夢は予知夢だったりした。つまり現実になった。
なんといっても「1984」というのは私が生まれた年である。
しかも長倉さんの存在を知る前に、とあるアメリカ人のおじいちゃんに「あたしゃ1984年生まれだよ」と言ったら「おぉ!ジョージ・オーウェルの小説じゃないか!」と言われ、私はすぐにジョージ・オーウェルの「1984」を購入した経緯がある。めくったら内容がこわくて読み進めれなかった。

長倉さんはこのジョージ・オーウェル著「1984」から影響を受けていて、さらに1984年は人生を変えた年だそうだ。このつながりに勝手ながら喜んでいる私がいる。

長倉顕太さんは「これからは電子書籍とPodcastの時代だ」と、いろんな場面で仰っている。
長倉さんが発信している動画や書籍によって、私は何度も背中を押された。

・徹底的に好き勝手やったもん勝ち
・実績つくまで待ってるやつは一生実績つかない。実績は勝手についていくもの
・自分の仕事を安くするのは甘えである
・情熱とメッセージと自信
・誰かに答えを求めない。自分で答えを創っていく。
・その答えはつまるところ、自分が望む自分の生き方。

奥付けのページにリンクを貼ったりとか、まだまだ分からないことだらけ。
でもわかんなくても、できるところから、とにかくやってみなきゃ何も進めない。
どんどんやりながら習得していく。
見切り発車ばっちこい!!

長倉さんいつもたくさんの情報発信ありがとうございます!!


私は、電子書籍界のカリスマである 杉山宣嗣さん、長倉顕太さんのおふたりと、師匠AKIRAさんの、
たくさんの経験から生まれた智慧を吸収していく。

私というチューブを通して、私なりのやり方になりながら、どんどん生み出していく。


そのひとつめが、【 たなかしの作品集。ようちえんから30才までの作品。[kindle版]】
http://www.amazon.co.jp/dp/B01CXDKUZG


何が言いたいかというと、みんな買ってね!!

特にkindleは私に知られずこっそり買うことができるので、
たなかしのが気になるけれど、直接は関わりたくない!という人におすすめだよ!
そして海外にいるみなさまにもおすすめ!日本以外でもどこでも購入可能だ。

Amazon Kindle は、無料のKindleアプリをインストールすれば、スマートフォン、タブレット、パソコンなどのすべてのデバイスで写真集を見ることができます。


↑クリック↑

どうやらAKIRAさんのレビューは反映されるのに時間がかかっているようです。
今日は2016年3月16日一粒万倍日だね!


【 TRIBE @PAPUA NEW GUINEA 杉山宣嗣写真展 部族の肖像 】
必要な情報が一瞬で手に入る現代において、一部の都市部以外では、水道、電気もないエリアがまだ存在するパプアニューギニア。赤道にほど近い位置にあるにもかかわらず灼熱の熱帯雨林だけでなく、3000~4000m級の山脈が連なっている高地も存在する。
そんな大自然の中、ヨーロッパ、アメリカからとても遠く険しい土地柄、外国からの文化の流入が少なく、昔ながらの生活様式そのままで暮らす人々がまだ多く存在する。
チャーター機でしか行けない場所も多く、宿泊施設も多くはない。
800以上の部族と言語をもつと言われているパプアニューギニアの中から、ウイッグメンやマッドメンの住まう山岳地域、アマゾンのような熱帯雨林のセピック川流域、かって日本軍の一大拠点にもなったラバウル近くの海辺の地域などの部族を撮影した。
これはパプアニューギニアの部族のほんの一部でしかないが、それぞれの写真のファッションやメイク、仮装などからもその生活や意識を垣間見る事もできる。一切の意図的な要素を含まず、高精細の写真機によるリアル・ポートレイト。
本展では、広告・ファッションの分野で活躍する写真家、杉山宣嗣が高精細のEOS5DsRで撮影、ポスターサイズに出力したものを展示いたします。(写真展概要より http://nsp-jp.com/tribe/ )

● キヤノンギャラリー銀座
2016年4月28日(木)〜5月11日(水)
10:30〜18:30(最終日 15:00まで)日、祝休館 4/29-5/1、5/3-5/5休館
東京都中央区銀座3-9-7 トレランス銀座ビルディング1F
● キヤノンギャラリー札幌
2016年6月9日(木)〜6月21日(火)
10:00〜18:00 土、日、祝休館
札幌市中央区北3条西4-1-1 日本生命札幌ビル 高層棟1F
● キヤノンギャラリー名古屋
2016年6月30日(木)〜7月13日(水)
10:00〜18:00(最終日 15:00まで)日、祝休館
名古屋市中区錦 1-11-11 名古屋インターシティ1F
052-209-6180




と、いうことで!


すでに情報がいっぱいだね。


これから個展ごとに電子書籍としてまとめていこうと思っているよ。



ほんまにこれでエエのんかな?とか、
作りながら悩むことがたくさんあった。

でも悩んでいたって進まない。


見切り発車ばっちこい!!

自分がいいと思うようにまずはやってみよう!



改善点は大量だが、

まずはここから。

わたしはどんどん進化していく。




ママに、「あんた今週の占いになにか大切なことを忘れていないかい?って書いてあったよ」と言われた。



大切なことって言われてすぐ思ったのは、

好きな人に「好きだよ」って伝えとくことかなぁ?なんて思って、


そのあと、私にとって大切なことって、
今を生きることだなって思ったんだ。


そんで私は、すでに今を生きてる。


明日死ぬかもしれなくても、

私は同じことをする。


だからこれでいいんだ。



どなたか、大切なこと忘れてるよしのちゃん。ってかたは教えてください。苦笑


わたし、すぐ忘れるひとやから。



っちゅーことで!



0 件のコメント:

コメントを投稿