2016年2月3日水曜日

死体博物館でMy Birthday@Bangkok,Thailand


いきなり奇天烈なタイトルだけれど。
今回、ベトナムとバンコクをまちがえて飛行機のチケットを買ってしまったのは、
ここに行くためだったのかもしれない。


逃亡生活3日目。
今日は健康。

昨夜は夕方に寝てしまったから朝方まで全然眠れなくて
1時間ほど眠ったら目が覚めてしまった。
せっかくなのでもう出発しよう。
行き先は決まっている。
誕生日はここで過ごそうと思っていたんだ。
あーだこーだと行き方を検索しようとしたが、
行き方は… まぁ歩きながら適当で良いじゃないか。
ゆるく行こう。

朝からみんな店を出してるね。
ってもうなんだかんだで9時前か。
ってか電線多すぎ。

ずっと歩くか?とも思ったが、
そういえばここに何かの駅があるんやった。
全部歩くより途中まで電車か何かに乗ろう。 

まずは券売機でチケットを購入。
うんちゃうんちゃしながら買えたぞ。
このチケットは地下鉄だろうかJRだろうか。
よく分からず買う私もすごい。
さぁ改札を通るぞ。


うわぁ通勤ラッシュの時間かぁ〜

と、行列に並ぶ。

並んだ先は逆の改札の出口だった。
危ない危ない。
入ってすぐ出るとこやった。
自分の行動にワラけてきてニヤニヤしてまう。

乗り場はどこや。
なんやかんやで乗れた。
乗り物は、市内交通高架鉄道(BTS)だった。

バンコクの通勤ラッシュの車内に紛れる私。

クーラー激寒である。

乗り換え。
バンコク都会やね〜
乗り換えた電車は空いていた。
車内はこんな感じ。
こんな感じ。
一面NESCAFEやな。
朝からバンコクは渋滞祭りやで。
84年生まれだからつい撮っちゃうよね。
よし、歩くぞ。 ワン。
足跡。
街中にはいっぱい神様が祀られている。
おなかすいたおなかすいたお。って思いながら、
露店の食べ物にピンとこなかったけど、
焼きバナナを見て、そうだよ、私はいつも朝は果物じゃないか!と思い出したのよね。
そうそう。
んで焼きバナナが気になったから買ってみた。
半分食べて残りは明日の朝食。
豪華な場所を通り過ぎ歩く。
ケーキ屋さんにあったバービーバースデーケーキ。
お誕生日おめでとうわたし。
このケーキを食べて、バービーちゃんをハダカにしたいぜ!
ビーフンっぽいもの食べたいなぁ〜と思っていたら、目的地向かいにちょうどあったぜ。
めっちゃ美味しかった!Vivaパクチー!
派手な歩道橋を渡って目的地へ向かう。
あれ?MAPを見て歩いているが、とっても道が細いぞ。
そうか、裏に来ちゃったのね、私。
にゃー。
ハトハトハト鳩サブレ
ぐるっとまわってきて
死体博物館は病院内にあるらしいよ。


警備員さんにタイ語で死体博物館と書かれた紙を見せる。
「タクシーやで。ここからタクシーやで。」と言っている。


へ?( ゚д゚)?

という反応をしてしまったら、
病院の受付に連れていかれ、
受付のお姉さんに、ここから100バーツくらいよ。と言われる。

マジか!
ここまで歩いて今日も結局タクシーにお世話になるのね!

こうして私は病院まちがいをおかした。

なんだかんだでタクシーで75バーツくらいで着いた。
100バーツ渡して「残りはチップやで!」と渡したら、無表情だったおっちゃんは素敵な顔をした。
おっちゃんが無表情だったのは、英語ができないという思いでかたい表情だったのかもしれないと思った。

いや、変なあたまみどりのヤツが乗ってきたからか。

ついに来た!
やったら日本人観光客が多いから日本語の看板も設置したようだよ。

ここから同じ看板を何度も見かけ結構歩く。
建物の2階に死体博物館がある。
おお、券売機に中学生たちもいっぱいだ。

と思ったら、券売機じゃなくて飲料自販機だった。

館内は撮影できなかった。
昔、撮影できた時代にAKIRA師匠が撮影したものがホームページの写真作品の中にある。
美しいのでそこから見ていただけたらと思う。
http://www.akiramania.com/photo/contents.html ←ここの「胎児の夢 Thailand」から見てね。

本館と別館、両方見た。別館は3階。






私たちの身体の中にある、
内臓や、骨、脳、血管、筋肉、心臓。



私は私の中にある私の心臓を見ることができない。
すぐここにあるのに。

私は私の中にある私の脳を見ることができない。
すぐここにあるのに。

私のあたまの中にある頭蓋骨ってこんなカタチなんだね。
私のおなかの中にある内臓ってこんなカタチなんだね。


受精後の12週までの胎児たち、模型ではなく、実物がホルマリン漬けされている。
米粒サイズからどんどん大きくなって今のカラダがある。

神秘的だとか奇跡だなんて、なんだかキレイごとに聞こえてしまう言葉だ。

でもなんて言っていいかわからない。

顔がひとつで頭や体がふたつの子。
頭部がふたつで体がひとつの子。
子宮のなかにいる子。
ちいさいちいさい胎児たち。

可愛い顔をした赤ちゃんたちがホルマリン漬けされ展示されている。

私は死体の赤ちゃんたちがすごーく愛しくなってしまって、
涙があふれた。


私はこうして生きている。
私はしっかり生きている。
私は赤ちゃんの時を越え、今もこうして呼吸をしている。

輪切りにされた誰かの体。
誰かの肝臓。
誰かの腎臓。
誰かの骨。
誰かの頭蓋骨。
誰かの体。

みんなみんな、たしかにみんな生きていたんだ。

バラバラになっているけど、

みんな生きようとしていたんだ。

生きていた時があるんだ。

胎児たちは生まれようとしていたんだ。

なんだかそんなことを感じたら、涙がどんどん出てきちゃった。

こういうことを感じるために、

きっと私はここに導かれたんだな。


そんなことを思った。

死を見つめて生を知る。

こうして私は貴重な誕生日を過ごした。

大きな病院だった。
帰りはタクシー。
ではなく、
船やで。

船の代金はどうすんのやろ。
みんなチケットとか持ってるんかな。
みんなそのまま乗るんかな。
乗るんかな。
乗るんやな!
私も飛び乗った。
風が気持ちいい。
心地よい風をあびるの最高だな。
スタバはっけーん!
風を感じているうちに到着。
タダなんかな?
タダなんかな?
3バーツでした。
お店がブワァーって密集している。
観光地なんやな。
おじさんがザクロからしぼったザクロジュース。
なにこれうんま!
一気に飲んでしまった。
さっき見えたスタバへ行ってみよう。
 今日は入らんよ。バンコクのスタバはWi-Fi有料らしいよ。
チョウナンだって。
なんだこれ。
バンコクの画材屋はっけーん!
移住したらここにお世話になるのかな。
その予定はないが。

歩きまくる。

たまには自撮りするか。
なんだこれ。
UFO写った!
ザクロジュースうんまー!2本目。
何かの果物。茎っぽい。
砂糖をつけるらしいが、
こっちは砂糖に唐辛子が入っている。

いろんなお店が並ぶ。

イケメンヒゲヅラスタイリッシュなおじさんがいる。
まるでバンコクのAKIRA師匠だな。
なに売ってんのやろ、と思い覗いてみたら、

宝くじw

気付けばここからひたすら宝くじ売り場が続く。
間に何もない。
宝くじ市場である。
あっちもこっちもそっちもどっちも宝くじばかり売っている。
なんだったんだ。競合とか関係ないんやな。
写真撮りにくくて、通り過ぎてから撮影。
アートセンターをはっけーん!無料で入れた。
こういうの好き。


そろそろ良い時間だ。
まだトゥクトゥク乗ってへんし乗りたいなぁと思っていたら、
お兄さんが声をかけてくれた。
目的地までは遠いので、朝乗った高架鉄道の駅まで乗せてもらった。
トゥクトゥクは街中で乗ると排気ガスがすごいのよね〜とか乗る前は思ってたけど、
風が気持ち良かった。

ホテルに戻り、とーるさんのラジオを聴く。
「世界の2月3日生まれの皆さんへハッピーバースデーを歌ってくださーい」とリクエストしたら、
生歌で歌ってくれた!
とーるさんが歌い始めたらWi-Fiが途切れて泣き崩れた私。_| ̄|○
とーるさんありがとうございました!

美味しいもの食べて自分をなぐさめよう。
っていうか、
誕生日やから、美味しいタイ料理たべよう!

近場でひとりで入りやすいお店を検索して出てきたのが、

THE LOCAL
昔ながらのタイ料理が食べられる。
すんごいおしゃれなお店。
いろんなタイプの部屋があるけど、私が案内されたのはこの部屋だった。

ネットでは一人850バーツから食べられるコースがあると書いてあったので、
コースを注文しようとしたら、二人以上で来なければ頼めないらしい。
ということで、
私パクチー好きだからパクチー入ってるの食べたい!とお兄さんに言って選んでもらった。
あと大好きなトムヤムクンを、小さくて、あまり辛くないのが良いと注文した。
英語がほとんどできないくせにちゃんとこうして注文できてるのがすごいわ、私。

にゃにゃーん!
トムヤムクンめーっちゃ美味しかった!!
さすがレストランやわぁ〜!と感動した。
グリーンカレー辛かったけど、
この野菜をつけて食べるらしく、
辛さが落ち着いた。
お花のつぼみみたいなのもシャキシャキで美味しかった!

しあわせ〜!
ひとりだといろいろ種類食べれないけれど、
やっぱりひとりが良いわ。私。

私、気を遣い過ぎてしまうからね。

自分で自分にたくさんの経験をさせていく。

大好きなものを異国で食べる。
最高な時間だ。

さぁ、来年の誕生日はどこへ行こうか。

今回、旅に出れたきっかけや、私の今の想いは明日書くことにしよう。
萌え萌え。日本カラオケクラブ。


たくさんのバースデーメッセージをありがとうございます。
いつの間にやら私は人気者になってしまって、
100通以上でパンク状態。
ネット環境もマチマチなので、ゆっくり返信していきます。
ありがとうございます。





0 件のコメント:

コメントを投稿