2016年2月5日金曜日

今までとはちがうやり方で。@Thailand-@Narita-Osaka-Sapporo,Japan

人生は光と影があるから美しい。
完璧な人間なんていない。そんなものはロボットだ。
誰にでもどうしようもないこと、いろいろなことがあるからこそ人間くさくて愛おしい。



旅の最終日。


空港近くのホテル。

旅の初日と最終日に宿泊したら、
「しの〜!プレゼントよ〜!」とスタッフのお姉さんから ネーム…なんていうのかな?
これもろた!*\(^o^)/*

みんな親しみやすくて素敵なスタッフさんたちだった。

帰国の朝。朝日が昇る。


出国3時間前には空港に着きましょうね。
ということで、空港近くのホテルからタクシーで空港へ向かう。

飛行機の時間は「 10:45 」。

ホテルの前は右折ができない。
こんなに近いのに。

ということで、空港近くのホテルだけどぐるっとまわるから時間がかかる。
そしてバンコクは今日も渋滞祭り。


タクシーの中で、今回の旅を思い返す。
たった数日だったけれど、濃密な時間を過ごすことができた。
バンコクに来て良かったな。

搭乗手続きをしたら、搭乗時間が手書きで書き直された。

「 10:05 」→「 10:40 」

マジか!

成田での乗り継ぎに間に合いますように!

ヒヤヒヤヒヤヒヤ ´д` ;ヒヤヒヤヒヤヒヤ

今日もまたちがうスリルを味わうのか。
成田に泊まるのはイヤだ。

っちゅーことで、時間があるのでタイ料理食べ納めするぞ!
保安検査を通過する前と後で食べるぞ!
っちゅーことで、トムヤムクン。


またかーい!

好きやねんもーん!

うんまー!

ジャスミンで炊いたごはんもね!

ホテルでもらった水を一気に飲み干し出国審査へ。

出国審査、入国審査の時って
なぜかいつも私の前の人のときに何かあってスタッフが席を外すことが多い。

「あれ、いなくなっちゃった。ここで待っててええのんかな。今さらほかの列に並ぶんイヤやで〜」
という感じでそのままで大丈夫というパターンなんやけど。

ってここに書いちゃったから、これからもそうなるやろな。
まぁいいや。

保安検査通過後何気なくカバンを流した女の子が、
私のあたまを見て うわぁ!と発した。

「あなたの髪の色と服の色大好き〜!」

ありがとうございます!

よし!お店はあるかな?
マクドだ。
コップクンクラッ(ありがとう)


やっぱりタイ料理のお店は混んでるな〜。
出国前にタイ料理食べておこうという人は多いだろうね。
私も成田で出国前に、回転寿し食べたし。
まぁ量を少なく食べれるから回転寿しにしたのもあるけど。

ベンチでゆっくりしてからお店向かいましょ。



ここドンムアン空港は、滑走路内にゴルフ場があるという珍しさで世界でも有名らしい。
どこにゴルフ場があるか見つけれなかったけど。


タイ料理のお店で次に選んだのは、名前がわからんこれ!
めっちゃ細い麺〜!

揖保の糸よりめちゃ細い〜!

うんまー!

なにこれ、うんまー!

餃子だこれ、餃子もうんまー!

なんていう食べもの?これ、うんまー!

素麺みたい。




まだお金が残ってる。
6時間の飛行機の中で使おうかね。


ゲートのとこのモニターにさらに遅い時間が書かれてる。

「 11:30 」

ヒヤヒヤヒヤヒヤ  ´д` ;ヒヤヒヤヒヤヒヤ

乗り継ぎ間に合わなくて、またネタが出来てしまうのか?
成田に泊まるのはイヤだ。

よし、お姉さんに私乗り継ぎあるんやけど、間に合うかな?と訊いてみよう!

間に合うかどうかばかり気にしてしまい、
「間に合う」という言葉を英語で一生懸命伝えようとしてしまったが、
シンプルに何時に到着かという質問で良かったんやな。

到着予定時刻「 19:30 」

なんとか間に合いそうだ。良かった。
入国審査にどのくらい時間がかかるかな。
ドキドキは止まらない。


人間は不安がなくならないもの。
漠然とした不安というものはキケン。
自分に不安があったら、それを明確にしよう。
不安に思うことについて思考して脳が働く。
不安に惑わされるな。
モヤモヤがあったら紙に書き出してぜんぶ吐き出せ!
みうらじゅんさんは不安のことを
「不安タスティック!!」と呼んでいる。
不安なものも不安タスティック!と叫び楽しもう。

足が長くないとゆったり座れない大きなベンチで搭乗の時間を待つ。
背もたれに持たれると、足がピーンてなるし、浅く座っても足がつかない。
みんな足が長くて良いわね〜。

機内に搭乗してから思い出した!
エアアジアはマムアンちゃんコラボ商品があるんや!!

ごはんじゃなくてマムアンちゃんのグッズと、珈琲1杯で、
用意してきた2万円分の残りのタイバーツぜんぶ使い切ったった!!


珈琲を飲みつつ成田へ到着。
すべての荷物が足元にある。
出るのはすぐだ。

そそくさと出て、早歩きで入国審査へ向かう。

遠い遠い遠い。
息を切らし早歩き。

なんだかんだでスムーズに入国できた。
はぁはぁ。
予定通りの「 19:30 」だ。
今からなら、あと30分とーるさんの金曜日のラジオが聴ける。
急いでターミナル2からターミナル3へ向かう。

チェックインを済ませ、ベンチで息を整え残り20分、ラジオを聴く。

保安検査を通り、やってしまったことに気付いた。

は!((((;゚Д゚))))))) 成田で返却のタイのWi-Fi返してない!!!
チーン。
ごめんなさい。
追加料金かかるかな?
窃盗罪とかになっちゃうかな? ´д` ;
とか思っていたら返却出来なかったらここへ送ってねと住所が書かれていた。
助かったぁ〜〜。





大阪へ向かう機内で、

「いつもとちがうやり方で」
そんな言葉があたまに浮かんだ。

いつもとちがうやり方であれば、それは「切り拓いていく」ということなのかな。

今までの自分の中にある思い込みもズタズタに切っていく。

挑戦し続けていく。

自分の中に何があるか、経験してみなければ見つからない。

なんでもやってみる。




大阪では、超多忙な私の裏師匠に会いに行く。

私はこの裏師匠のことを「歩く百科事典」と心の中で呼んでいる。
ひとつ質問したら数十倍になって返ってくる。
特に車のことや、パソコンのことや、電気系統のことはいつも裏師匠の知恵と知識を頼る。

ずっとずっと、手を広げて私の成長を見守ってくれていて、ここぞというときに助言をくれる。

私が師匠のAKIRAさんに出会えたのは、この裏師匠に鍛えられたからだと思っている。


大阪。

タイの電線多い写真を見た裏師匠曰く、上の線が電気で、下の大量の線は通信線だとのこと。
日本は電線がすっきりだね。





裏師匠に私の武器ってなんだと思うか訊いてみた。

裏師匠はこう言った。

「 想像力 」と「 創造力 」。




      想像力(そうぞうりょく、英語: Imagination、フランス語: imagination)は、「想像する能力」とも呼ばれ、心的な像、感覚や概念を、それらが視力、聴力または他の感覚を通して認められないときに、作り出す能力である。 wikipediaより

      創造(そうぞう)とは、新しいものを産み出すこと。創作発明、あるいは新しい考え方など、オリジナリティの強いものに対し使うことが多い。
      創造力を育むには「退屈な時間」が重要と指摘されている[1]。wikipediaより



      想像力と創造力。
      そうだろうな。
      そうだよね。
      とも思うけど、
      そう言ってもらえて嬉しい。

      想像力と創造力。

      このことについて深掘りしなくても、
      私にはすでに想像力と創造力があるから、
      どんどん作品を創っていけばいいんだよな。


      北海道、全然雪がないなぁ。
      空港バスで寝てしまって、目覚めるとちょうど降りる駅に到着寸前。
      見えない存在たちよ、起こしてくれてありがとう。

      24時間やっている郵便局に行き、成田で返却し忘れたWi-Fiを送る。
      寒い寒い寒い。
      マフラーがないから首にキャミソールを巻く。
      手袋がないからポケットに手を入れる。


      家に着き、ママのごはんと551の豚まん。

      ちゃんと関空でも豚まんと生ビール小をいただいてきたよ。
      生ビール小って意外と大きいね。

      愛犬たちとママがいる。
      しあわせはすぐここにある。


      私は札幌に帰ってきた。
      師匠AKIRAさんの写真集制作に戻る。




    0 件のコメント:

    コメントを投稿