2014年12月24日水曜日

1984夢遊病。





先日、見た夢は、
何隻も宇宙船(通称UFO)が着陸していて、宇宙船の周りにいる人も驚いた様子はなく、
それを見た私が
「やっと堂々と宇宙船がやってこれる時代になったんやね~」と言っている夢だった。
もしや予知夢か??
それともパラレルワールドの私たちか。



昨夜の夢には、ついに長倉顕太さんが登場した。
私の夢には今まで香川照之さんや西島俊之さん大森南朋さん大沢たかおさんなど豪華な俳優さんたちが出演してくれている。

長倉顕太さんは出版業界のカリスマである。
敏腕の出版プロデューサー。http://kentanagakura.com/
今日はちょうど長倉さんが自身の電子書籍第9作目『1984』の発売を発表していた。

1984とは私の生まれた年である。
なんだかちょっぴりリンクしていると感じた。

どんな夢を見たかというと、長倉さんが「性についてなら四月の(?)という俺の文を読め!」と言ってきて、英文の書籍だったから、私は「やだ」というと「いいから読めよ!」と言われるという夢だった。

勿論そんな英文の書籍は現実には存在しない。
もし今後「四月の(?)」という書籍が出たらこれは予知夢かもね。
カッコの?には画数の多い漢字一文字が入っていた。
日本語のタイトルなのに中身は英文というのが不思議だった。

勿論私は長倉さんにお会いしたことは無い。

私は夢でパートナーと会話をしたり、パートナーが見ている光景を見たり、不思議な体験をよくする。
あとからパートナーに確認したら合っていたから分かったりしている。

予知夢もある。

光になって宇宙空間をビューン!と突き抜けて、意識が戻るとぐったり疲れていたりとかもある。

新しい作品のイメージも夢の中で見たりする。

そんな感じで、私は寝ることが楽しいので、多めに寝たりする。


1984と言えばいろいろなものをみんな連想することが出来るだろう。

村上春樹さんの書籍「1Q84」
ジョージ・オーウェルの小説「1984」
ジョージ・オーウェルの作品が元になったアップル社のCM「1984」↓



YOSHITO TANAKA アルバム THE 12-YEAR EXPERIMENTの中から、
 「Back To 1984 Timeline」



他には何があるかな?




そんな感じで、今日も明日も夢を楽しむ。


夢遊病。

意味違うか。









0 件のコメント:

コメントを投稿