2014年12月24日水曜日

才能とは、生きるとは、など、少しまとめ。

「才能というのは作品を実際に作ってるうちに身についたり出てきたりするからあまり考えてもしょうがない」
岡田斗司夫

そうだよね。うんうん。

YOSHIKI氏『僕は今、「今、一瞬一瞬を思いきり生きる」ことによって、将来っていうか、その夢が叶っていくんじゃないかなって思っているんで。「7年後だから、じゃあ、1年後にあれをやればいいや」とかっていうよりも、本当に「今からやってく」っていうことだと思いますね。』
YOSHIKIさん最高!!

「もう一度人生をやり直せるなら」
人生をもう一度やり直すとしたら、今度はもっとたくさん失敗したい。
そして肩の力を抜いて生きる。もっと柔軟になる。
今度の旅よりも、もっとおかしなことをする。
あまり深刻にならない。もっとリスクを犯す。
もっと山に登って、もっと川で泳ぐ。
アイスクリームを食べる量は増やし、豆類の摂取量は減らす。
問題は増えるかもしれないが、想像上の問題は減るだろう。
というのも、私は毎日常に良識ある人生をまともに生きてきた人間だからだ。
もちろん、ばかげたことも少しはやった。
もし生まれ変わることがあったら、ばかげたことをもっとたくさんやりたい。
何年も先のことを考えて生きる代わりに、その瞬間だけを生きたい。
私はどこに行くにも常に万全の準備を整えて出かけるのが常だった。
体温計やゆたんぽ、レインコートなしにはどこにも行かなかったものだ。
人生をやり直すとしたら、もっと身軽な旅行をしたい。
もう一度生き直すとしたら、春はもっと早くから裸足で歩き、秋にはもっと遠くまで裸足で歩いている。
もっとたくさんダンスに出かける。
もっとたくさんメリーゴーランドに乗る。
もっとたくさんのデイジーを摘む。
それぞれの瞬間をもっとイキイキと生きる。
ナディーン・ストレインという女性が85歳で書いたとされる詩。
ワタナベ薫 著「美も 願いも 思い通りになる女の生き方」より。
やりたいことをやろう!!
会いたい人に会おう!!
行きたいところに行こう!!
時間は待ってはくれないのだから。



二度とやってこない今日という1日を、
今を、
味わって味わって味わいつくそう。
今週は目まぐるしいくらいに素敵な人たちと知り合うことが出来ている。
そして素晴らしい空間と出会うことが出来ている。
今日はこれからまた新しい出会いのある場所に向かう。
しあわせ過ぎて鼻血が出そうです。 2014/04/19


0 件のコメント:

コメントを投稿